HONDA HAWK

【ホーク2】赤いリボンをした白い猫のキャラクターがびっしり!

バブといえば、どんな仕様でもハマる旧車會の万能プレイヤー。新しくも、古くも、シャープにもキュートにも仕上げることができる懐の深さをもっているバイクだ。

そんなバブのフルカウルとタンク、サイドカバーには赤いリボンをした白い猫のキャラクターがびっしり描かれている。猫がリボンをしているのもかわいいが、つぶらな瞳でこちらを見つめる表情がまた、なんともいえずキュートだ。




聞けば、名前を“ハロウキティイ”というそうだ。なぜ猫に挨拶をするのか、もしくは猫が挨拶をしているのか、そこは不明だが、間違いなくかわいい。

そしてこの猫が、女子のあいだで非常に流行しているのだという。女の子ウケがいいこの猫キャラクターをラメフレークがびっしり噴かれた外装の上に乗せるというアイディアは、他のバイクにはない個性だ。




猫の“ハロウキティイ”の回りはボカシのフチ取りが入っていて、顔が際立つ仕組みに。大小さまざまなサイズがいるので、見ていて飽きることもない。

よく見るとタンクやフルカウルだけではなく、サイドのアルフィンカバーの空きスペースにも猫の“ハロウキティイ”の顔が。さすがは猫好き、どんな隙間にも入り込むのが好きな猫の特性をよくとらえている。




・・・えー。一応ここまで「キティちゃんをよく知らない人」というテイで進めてきましたが、さすがにもう辛くなってきました。

このなかにキティちゃん知らないヤツいるー?

いねーよなー?

ということで、意味ないことは辞めます(笑)。




キティちゃんは外装だけでなく、コルク半の両サイドにも。写真のようにご本人は全く別のコルク半をかぶっているので、こちらは彼女さんの専用なのかもしれない。

バブそのものに焦点を当ててみると、鉄メッキのフェンダーにリアの角テール、そしてケツ上げと、バブのワルい部分をしっかりと表現。三段シートとフルカウルとの相性も抜群で、見せ方が分かっている印象だ。




現状はクロス管が付いているが、マフラーを交換したいとのことだったので、今ではまた区別のルックスになっているのかも。



\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-HONDA HAWK

© 2021 i-Q JAPAN