HONDA HAWK

過去イチかも?な超極太メガホンマフラー搭載のバブが常識の範囲を超えて来た!

バブといえば重低音のエキゾーストが魅力のひとつ。この地鳴りのような音を活かすにはメガホンマフラーとの相性がいいことは、広く知られている。

様々なショップから、Φ数や素材に変化を持たせたマフラーがリリースされていて、好みによって装着タイプも選択できる。



それもこれもバブが人気車種だから、という面はあるが、では既存のマフラーに満足できなかったらどうする?となった場合、ワンメイクで仕上げるということも出来なくはない。

ただ、ショップから出ているマフラーも幾多の試行錯誤を重ねた上で世に送り出されているわけだから、これを超えてくるマフラーを個人が制作するのは至難の業と言っていいだろう。



音の「質」に関しては、そういったショップに一日の長があることは否めないが、「見た目」に特化すれば、アレンジの幅は大きく広がる。

こちらのバブが装着しているマフラーは、まさにそんな「見た目特化型」の最たるもの。腹下までは普通のエキパイが通っているものの、先端部分のメガホンがエグいデカさ!

あまりのデカさに実際のΦ数を聞き忘れてしまったが、おそらく過去を振り返ってみても、これだけのメガホンは無いんじゃないだろうか。



ちなみにこちらのバブ、暴走族「䥝」OBのバイク。チーム名が入った旗棒の日の丸やサイドカバーには当時の暴走族でも難読漢字の上位に入る、一文字の「䥝」が書かれていて趣がある。



ヘコみのヘッドライトや赤のフレーム、そして三段裏の筆文字なども含めて、バブとしての佇まいにも、魅力を感じる一台だ。


\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-HONDA HAWK

© 2022 i-Q JAPAN