KAWASAKI ZEPHYR

分かる人には分かる!? いにしえの人気街道レーサーからインスパイアされた外装がオシャレ!

2022年1月23日

この中間に白いギザギザが入った黄緑と緑のツートンカラーを見て、グラチャン世代なら「お?」と思うだろう。

かつて富士スピードウェイで開催されていた“グラチャン”で活躍していた、REレジェンドことマツダのワークスドライバー・片山義美のサバンナRX-3からデザインとカラーリングを拝借しているからだ。




片山義美といえば、サバンナRX-3を駆って、当時無敵を誇っていたスカイラインのGT-Rに挑み続けた名レーサー。

そしてマシンの方も、街道レーサーが流行った時期にはレプリカも複数存在するくらい人気だった。F1でいうと、名ドライバーのアイルトン・セナと、セナが乗っていたマクラーレンMP4の、どちらにも人気があったような感じだ。




そしてこちらのゼファーをくまなく見ていくと、単純な模倣ではないことにも気付く

バイクのサイズ感に合わせてサンダーラインは細かく。三段シートは最近の流行も取り入れてネオングリーンを配し、より目立つ仕様に




さらにスイッチボックスをCBX用に換装、マフラーもプリティーのトップガン管と、コールにも気を配っているのが分かる

バイクとしてはすでにしっかり目立っているが、“本家”に寄せていくならチンスポ替わりのアンダーカウルやライトの米形に黒のビニールテープでライトを抑えてみたりといった小細工もできる。

さらなる進化に期待したい。



\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-KAWASAKI ZEPHYR

© 2022 i-Q JAPAN