バイク一覧 HONDA HAWK 単車&暴走族関連記事

【CB250T】分かる人には分かる!“バブ”の外装が“バブルガム”に!【ホーク】

2021年8月12日

ヒット商品が出れば向こう数十年は安泰、といったイメージもあるお菓子業界だが、意外と栄枯盛衰はある。カールは関西限定になっていたし、あの長~いグミ、ヒモQは生産中止になっている。

世のなかがヘルシー志向にシフトするにしたがって、一番ダメージを受けたのがスナック菓子だが、もうひとつ需要が落ち込んでいるのが“ガム”。噛んだあとの残骸を処理するのが面倒だったり、そのまま道路に捨てたりすると後処理も大変ということで、ガムはかなり受難の時代になっている。




そんなこんなで平成生まれにとってはあまり馴染みがないかもしれないが、昭和の時代に大ヒットしていたいたのが「フーセンガム」。噛んで柔らかくなったガムに息を吹き込んで膨らませるのだ。こんな説明いるか? とも思うが、もはや見たことすらない方もいるかもしれないので、一応。

その「フーセンガム」のなかでもブレイクしたのがBubblicious(バブリシャス)。グレープやコーラの刺激的味とフーセンガムのもの珍しさで、かなりのヒット商品になっていた。




そんな昭和のヒット商品・バブリシャスのパッケージを外装に落とし込んだのが、こちらのバブ。グラフィティーのようなロゴとグラデーションの利いたカラーリングは旧車會系バイクの外装にもピッタリ。黄色とライムグリーンのラインも相性バッチリだ。




フレームはボトムケースは外装に合わせたムラメタで塗装されているが、ホイールは白塗りに。フェンダーは前後とも純正の鉄メッキで、派手にケツ上げしていない大人っぽさを感じさせる。




バランスの良さを感じさせるのは黒塗りのメガホンマフラースーパーホークⅢのブラックエンジン。色味を消しているので、カウルやタンクのカラーリングがより際立っている。

そして存在感を出しているのが、カラーリングが独立した60センチ延長の三段シート。色は紅白でめでたさもあり、旧車會バイクとしてのリアリティも存分に感じさせるアイテムだ。



▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【GS400】総制作費450万円超!足回りをガチガチに強化したモンスターマシンが登場!

【令和のヤラレ】昭和のヤレを令和の塗装で再現したKH400が古くて新鮮!

【CBR】素晴らしい現場対応力!現場で変身したツーウェイのブチアゲ仕様に目から鱗が!

【RG250E】このテールランプは唯一無二!改チャリもビックリのフラッシャー装着

【独占公開⁉】i-Q JAPANだけが撮っていた“ヒロミの青春ヨンフォア”を大公開!

執筆者:i-Q JAPAN編集部

-バイク一覧, HONDA HAWK, 単車&暴走族関連記事
-, , , , , , ,

© 2021 i-Q JAPAN