【CB250T】まさかの湘南爆走族メンバーが!? 稲妻三段&マフラーがエグい!

2021/06/08

COLUMN

単車&暴走族関連記事

人気漫画のキャラクターが生きている過激な改造バブ! これは随所に見どころたくさん!
時は令和3年、今まさにヤンキー漫画界では『東京卍リベンジャーズ』が大ヒット中! 7月には豪華俳優陣による実写映画の公開も決定済みで、その一挙手一投足に注目が集まっている。

そんなヤンキー漫画の元祖が、1982年に連載開始した『湘南爆走族』だ。

たった5人の暴走族『湘南爆走族』通称“湘爆”が、時に抗争したり、時にツーリングに行ったりというギャグ6シリアス4の大ヒット漫画で、こちらものちに実写映画化された。




そこで織田裕二が演じていた石川晃(黒歴史)が乗っていたのが、赤のホークⅡ。そしてこちらのオーナーさんもウソかマコトか石川晃さんだ。

ただし、あちらのバブは風防付きで白のサソリ三段仕様。こちらはフルカウルで、三段シートとマフラーがスゴい仕様! なにが凄いって?




先端側で一度折れ曲がって稲妻状になっている!
三段シートは折れ曲がっているところですでに1m。そこから50~60センチ延長されているという大ぶりなもの。マフラーに至っては、メーター超えのパイプを2本つないでいるで、地上高は2.5メートル前後! 

ちなみに旗棒も稲妻になっている。




この三段(五段)シートとマフラーを除いても、見どころは多い。外装はラッパラインを基調にしていて、カウルは下方からと上方からもラインが伸びている。

後方確認はメッキのバッカミラーで。メッキをかけているのがオシャレだ。

さらにはマーシャルならぬマーシャ〇だったり、合法だった時代のヒロポンの広告をステッカーにしたりと、危険なキーワードをちりばめてオリジナリティを出している。


▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【CBX】溢れ出るプラモデル感!金メッキが狂暴すぎる!【旧栃2020】

【富士日章】スペシャル感たっぷり!二段風防のRZ350から目が離せない!

【ホーク】こんな外装アレンジもできる⁉バブが最も輝く手段とは?【旧栃2020】

【現行車】昭和の旧単車に負けないXJRの改造がシブくてビックリ

【戦闘機仕様】溢れる特攻魂!思いの丈を詰め込んだGSが実はスゴかった!




▼CB250Tの関連動画をチェック!





執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP