SUZUKI GSX&GT 単車&暴走族関連記事

サイドカバーはどう使う?GSX250Eカタナにみる「アルフィンじゃない」カスタム

「バイクのサイドカバーどうする問題」は、バイク改造初期には誰もがぶち当たる問題なんじゃないだろうか。

「アルミのフィン付きカバー」略してアルフィンカバーに替えてしまう方が大半ではないか。

特に意図がない限り、CBXはサイドカバーをノーマルからアルフィンに換える方が多いだろう。CBRもしかり。GSあたりもアルフィンに換装するのが定番か。フェンダーやサイドカバーの交換は一番「改造している実感が得やすい」ポイントでもあるから、手を出しやすいのだろう。“フルBEET”で仕上げるなら欠かせないポイントにもなってくる。




ではアルフィンを装着するメリットはなにか? 実利的な部分では溜まった熱を逃がすこと。見た目にはすっきりしたデザインになって、“カスタムバイク”然とした雰囲気が出てくること。BEETやキジマなどでパーツアイテムを揃える際には換装必須になってくる。

逆にノーマルカバーを付けるメリットもあるハズ。そのひとつが平面の拡大によるペイント面の確保。カンタンにいうと、平面のキャンバスがあるからタンクやロケットと同じデザインをサイドカバーにも落とし込みやすい。




好例がこちらのGSX250Eカタナだ。

タンクには幾重にも折り重なったファイヤーパターンがシルバーの単色で描かれている。ベースが黒なので、ファイヤーの柄もくっきりと見える。




純正のサイドカバーにもファイヤーが描かれ、その上に「刀」の一文字が。この文字を程よいサイズで収めるにはサイドカバーがピッタリ! デュアルのハーフカウルが装着されているのでサイドカバーの位置までペイントが入っている方がバランスも良くなる。

逆に、ライン塗装や純正風のカラーリングでカスタムを楽しむ場合はアルフィンを装着することで変化が付けられる。パーツの装着は、ケースバイケースで楽しみたいものだ。




\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-SUZUKI GSX&GT, 単車&暴走族関連記事

© 2021 i-Q JAPAN