KAWASAKI Z(FX/GP/FT)

【Z400FX】超希少な国内最終モデルを大人仕様でグリグリにカスタムしたFXがホレボレする!

旧車會で人気のCBXの、はるか上をいく価格帯で売買が行われているのがZ400FX。中古車ショップでのベース価格がCBX400Fで200万円だとしたら、FXは350万円スタート。CBXの200万円でもギョッとする価格帯だが、FXを購入しようと思ったら、さらに約2倍の軍資金が必要だ。




全体的に人気が高いFXだが、なかでも多くのファンのハートを掴んでいるのがE4のAとB。E4Aがお馴染みの通称グランプリスペシャル。シルバーとダークブルーの間にオレンジのラインが入ったリミテッド・バージョンだ。




そしてもうひとつがE4B。こちらは一旦生産中止になったZ400FXが、復活を望むファンの声に後押しされて後継のZ400GPの販売中にリリースされた限定モデルだ。

スペック的な部分での変更点はまったくなかったが、CBXのⅡ型やGSXのインパルスにも取り入れられた黒×赤の外装と、サイドカバーのロゴは完全に新規でデザインされた。




サイドカバーの「FX」の欧文は明朝系からゴシック系に変わっていて、このエンブレムだけ欲しいというFX乗りもいるほど。限定的な販売だったので、純正の玉数が少なく現在では購入するのに400~500万円くらいはかかるだろう。 それくらい高価なバイクになってしまっている。




そのE4Bを大人っぽい仕様で仕上げたFXを発見したので、ご覧いただきたい。

外装はほぼノーマル。タンクやサイドカバーは純正で、テールカウルはBEETを採用。これだけでもだいぶ景色は変わる。

ハンドルはBEETのセパハンを上向きにセット。アルミのトップブリッジでハンドルを固定し、もっとも見やすい位置にデジタコを装着して油温などもチェックできるようになっている




ハンドルだけだとかなりレースに寄せた感もあるが、ほかにレースのイメージがあるぱーつといえばCRキャブとアルミのスイングアームくらいなもの。決してレース一辺倒のバイクではない

ホイールはBEETやモーリスにも見えるが、カワサキ純正をゴールドに塗装したもの。イメージを逆手にとったもので、遊び心が面白い。




リアの足回りは前述のとおり、アルミのレース用スイングアームにコニーのショックを装着。アルミむき出しのコニーは割と珍しいのでは?

ここに、赤のホタル灯をセット!

70年代の暴走族御用達のアイテムで、一気にバイクの雰囲気がワルくなる。

希少車だからと妥協せず、しっかりと好みのパーツを組み込んでいる点には共感しかない!





\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-KAWASAKI Z(FX/GP/FT)

© 2021 i-Q JAPAN