旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【全てはここから始まった】『デメキン』舞台挨拶にてバッドボーイズ佐田、赤いブルゾンを着た記者に「この方は何なんですか?」

2017/12/14

COLUMN

【連載】ウルトラマルチクリエイター怒璃瑠(ドリル)

怒璃瑠とバッドボーイズ佐田。『デメキン』舞台挨拶にてまさかの事態に。すべては動画を見れば一発で分かるのだ!

昭和へタイムスリップ!
パンチパーマの伝道師、オレが噂の・・・

怒璃瑠(ドリル)
▲▲▲怒璃瑠(ドリル)の画像は勝手にダウンロードしてもええで!!▲▲▲

ウルトラマルチクリエイターの怒璃瑠(ドリル)や!

夜露死苦ぅ!!

みんな! オレが『デメキン』の舞台挨拶でバッドボーイズ佐田にイジられ、会場に笑いをもたらしたことは知っとるな?

まぁあれがオレ、怒璃瑠(ドリル)の名が日本中に知れ渡るデビュー作みたいなもんやったんや(※作品には出てへんけど)。

▼知らん人はまずコレを読んでみ
怒璃瑠の『デメキン』舞台挨拶記!最前列おったらバッドボーイズ・佐田がめっちゃチラチラ見てきたwwww

ほんで今回みんなに見てほしいのが、オレが取材に行った舞台挨拶の動画や!

前はオレの活躍を文章(上記事)で表現したから、分かりにくいとこもあったと思う。せやからこの動画、絶対見てくれよな!



キャストのみんなが登壇した直後はこんな感じやったな。オレは赤枠のとこらへんで構えとったんやで。

後ろに座とった女の子ら、ラッキーやったな。

この時も、よぉ見たら佐田がオレのほうをチラチラ見とんやで(笑)。



さすが元暴走族総長の佐田!

オレのビーバップハイスクール風ファッションにすぐ気づいて声をかけてきた!!



佐田「普通に記者の方ですか?」

後から見たんやけど、このときオレは客席に向かってめっちゃペコペコお辞儀しとる。

一応女性ファンへのサービスも忘れてへんやん、オレ。自分に感動したわ!



まぁツベコベ言わへんからオレの活躍と、映画『デメキン』、最高の舞台挨拶動画をチェックしてみてや!

▼注目すべきは7:22ごろ


▼上映スケジュールなどはコチラをチェック!
公式HP:demekin-movie.com


参照元:YouTube/健太郎、気合の“赤髪”も山田裕貴から「プラモデル?」の突っ込み 映画「デメキン」初日舞台あいさつ1

執筆者:怒璃瑠(ドリル)
SNS:TwitterInstagram
日本にもう一度パンチパーマブームを巻き起こす漢、i-Q JAPANスタッフでウルトラマルチクリエイターの怒璃瑠(ドリル)。出身は北川景子と同じ兵庫県。旧車會撮影にも全国へ飛び回る。頭のてっぺんにブリーチで「卍」を描いているため、最近通りがかったJCに小さい声で「あっ卍兄ぃだ!」って言われてちょっと喜んでいるらしい

▼怒璃瑠(ドリル)誕生前の動画もチェック!!

TOP