旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【イカす単車TOPICS】前後左右、見る角度によって仕様が変わるZ …って何ソレ?

2019/06/10

COLUMN

単車&暴走族関連記事

6月16日開催の第6回富士河口湖オートジャンボリーの開催が人一倍楽しくなる! 素敵な単車ピックアップの第4弾は、おそらくまだ誰も無しえていない驚きの改造を加えたZ250の登場だ!
車種/Kawasaki Z250


前回の富士河口湖オートジャンボリーの会場で、最も驚いたのがこちらのZ250。

最初に見かけたときには青い単車だったのに、2度目に見たときには緑、さらに次に見たら、今度は赤い外装になっていたのだ。

「え、どういうこと?」

左右で外装の色を違えたり、そもそものデザインを左右で変えたりする単車は見たことはあるが、同じ左側面の色が見る角度によって違うのだから驚きだ。





百聞は一見に如かず。実際に見たら、その変化には誰もが驚くはずだ。まずは、こちらが左前方から見たタンク。緑の細フチだ。




そして、これが左後方からの視点。同じ単車なのに、赤いタンクになっているのが分かる。




さらにこちらがタンクの右側面。左側面の緑とは少し違う、ローソンレプリカのカラーリング。いわば、もっともカワサキらしいカラーだ。




それが左後方からの視点に移ると、ブルーのZに早変わり!よく見ると、サイドカバーやテールカウルまで色が変化しているのが分かる。





近くで見ると分かるのだが、三角のバーをタテにすき間なく並べて一辺に赤、もう一辺には緑のカラーリングを、反対側には黄緑と青を施して、このような外装に仕上げているのだ。

コレは凄い・・・。作業にも相当な労力を要したハズで、アイディアを具現化させた行動力も含めて賞賛に値する単車だ。





第6回富士河口湖オートジャンボリー
日時/2019年6月16日(日)
時間/10:00~15:30
会場/富士山パーキング
入場料/1000円(うち500円は地元へ寄付)

▼詳細はコチラを確認してください!!




▼入場できる単車には規定があります!!




▼昨年のジャンボリーはこんな感じ!!
集まった単車&四輪は総勢2000台超!? 富士河口湖オートジャンボリーは何度訪れても面白い!!




執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP