旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【イカす単車TOPICS】パーツのチョイスひとつに意志を感じるワルい大人のZ2参上!【ジャンボリー】

2019/06/14

COLUMN

単車&暴走族関連記事

中古市場でも300万円はくだらない、超のつくお宝バイク・カワサキZ2を当時風に改造した、ある意味オートジャンボリーらしいZ2をご紹介。大型バイクの改造も、参考になるぞ。
車種/Kawasaki Z2
owner/あき
Team/CLUB Do!



富士河口湖オートジャンボリーはせっかくの大型・中型・四輪混合のイベントなので、大型車を紹介しておきたい。

80年代に暴走族が熱狂したバイクがCBXだとしたら、70年代の初頭にその役を担っていたのが、ホンダのCBであり、このカワサキZ2だった。

そして、その当時の匂いを感じさせるのが、このZ2。外装は白×赤の、いわゆる「ジェロニモカラー」。地域によっては「羅漢カラー」とも呼ばれる、クラシックなスタイルだ。





ホイールは前後ともハヤシレーシングのキャストホイール。ダブルディスク化して、APレーシングのキャリパーを装着している。





エンジン周りはアルミのフィン付きカバーなどを駆使してドレスアップ。BEETのバックステップもシブい。





そしてマフラーはBEETの集合管。フクイのステッカーが「オッ!?」っと目を引く。スイングアームはクロモリで、剛性アップ!





風防はライトにそって自然な丸みを持たせているが、80~90年代になると、左右が平行になるくらいRをキツくするのが主流になってくる。その辺の違いを見るのも面白い。

全体のカスタムは、神奈川の名店・オートスキャンが担当。バランスの良さも頷ける。





第6回富士河口湖オートジャンボリー
日時/2019年6月16日(日)
時間/10:00~15:30
会場/富士山パーキング
入場料/1000円(うち500円は地元へ寄付)

▼詳細はコチラを確認してください!!




▼入場できる単車には規定があります!!




▼昨年のジャンボリーはこんな感じ!!
集まった単車&四輪は総勢2000台超!? 富士河口湖オートジャンボリーは何度訪れても面白い!!




執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP