旬ネタ&速報

【帰省でも使える!】高速道路でETCレーンを詰まらせるヤツがいた場合に渋滞を回避する賢い抜け方があった!【高速道路の裏技】

誰でも一度は経験しているであろう、渋滞しないハズのETCレーンの渋滞。そんな時でも、慌てず騒がずすり抜けられる方法があるんです。
[adrotate banner="5"] 最近は単車にもETCを付ける時代。ロケットカウル装着車だとスクリーンの下に設置できるから、愛用者も格段に増えている。料金所を通過するスピードが段違いで早いうえに、ETC割引の恩恵で現金払いとは往復数千円の差が生じることも。一度その利点を知ってしまうともう、ETCを外したいとは考えないはずだ。

ところが、一般レーンよりもETCレーンの方が渋滞してしまう事案は、まま発生する。何らかの事情でカードを抜いてしまった、または抜けてしまった、接触が悪くて感知しない、カードの有効期限が切れている……。理由は様々あろうが、相手は機械だから一切の融通を許してくれない。ならぬものはならぬもです、と、いつぞやの絢瀬はるかみたいな顔をして原因が究明されるまでは、どうやっても通れないのだ。
こうなると、一気に便利が不便に変わる。スッと通ると思っていた、前の車が止まってしまうのだ。移動しようにも後続車も同じ気持ちで接近しているのだから、にっちもさっちもいかないのが普通だ。

この車列にはいってしまったらもう、ジッと耐えるほかないのだが、運よく車列に巻き込まれていなかったとしたら?

その場合は、進路を一般レーンへ。ETCカードを抜き取り、窓口で清算してもらえばいいのだ。

今でこそ、どの料金所でもETCと一般レーンに分かれているが、導入直後はまだETCが全国的に普及しておらず、ETCで入っても出口でカードを渡すという行為が、ごく普通に行われていた。その名残で、現在でも一般レーンにETCの精算機が設置してあるのだ。

休日の割引などが反映されないこともあるが、後日データが修正されるので問題はないそうだ。

単車だけでなく、乗用車でも同じ。もしもの際は思い出してください。年末年始は日ごろ車に乗りなれていないドライバーも多いから、こうしたトラブルは発生しがち! ご注意ください。



参考サイト:http://hikari20.com/etc-2665
シークレット・D

文責:前川揚子江
プロフィール:元はオフィシャルな組織に勤務していた、モータージャーナリスト。この世で一番嫌いなものは反則金の支払い。

-旬ネタ&速報
-, , , , ,

© 2021 i-Q JAPAN