旬ネタ&速報

【意外な結末】集団暴走に捜査のメス!石川県警が集団暴走車を押収・検査した結果…

2022年5月19日

i-Q JAPANでもお伝えしていた、昨年10月に石川県金沢市で起こったバイクの集団暴走で使用されたバイク7台が石川県警に押収された。

バイクは北陸信越運輸局石川運輸支局によって検査が行われたが、検査の結果、7台中5台で不正改造にあたるバックミラーの取り外しやマフラーの騒音規準超過などが見つかったため、同支局はバイクの使用者に整備命令を出したという。


不正改造 集団暴走
すでに集団暴走に参加した少年3人が逮捕・5人が書類送検されていたのだが、今回のバイク押収・検査は不正改造の排除が目的とみられる。

これらのバイクには方向指示器の取り外しやクラクションの不備などの整備不良などが見つかり、7台のうち2台は車検証の有効期限も切れていた。

保安基準を満たさなかったバイクについては同局から整備命令書が交付され、所有者にバイク整備の改善を命じたという。


これはある意味、画期的な判断じゃないだろうか。元暴走族のオジサンたちは思うだろう。

「え、没収じゃないんだ!」

と。ひと昔前は、逮捕の際に押収されたバイクは、ほぼ“没収”だった。これ以上、暴走行為をはたらかないためにバイクを取り上げてしまう行為だ。

これがチームにとって大事な車両だと、イチかバチか取り戻しに行った、などとという話もあったくらい。一部地域ではその後、警察から廃車回収業者に払い下げられたバイクをまた買い戻すことができたという話も伺ったことはあるが、まず所有者に帰ってくることはなかった。


不正改造車 暴走族
それが所有者に帰ってくるのだから、時代も変わったものだ。もっとも、昔ほど暴走族がいない点や、サスティナブル(分からない人はグーグル先生に聞いてみよう)が叫ばれている昨今の事情を鑑みると、こうした判断はむしろ評価されていいのではないか。

ちなみに、押収されたバイクを見ると「まあ確かにな」となります。
参照元:北陸放送


\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-旬ネタ&速報

© 2022 i-Q JAPAN