HONDA HAWK

【マジか】昭和の名車“ホーク”が令和に復活!中古車価格にも影響必至か!?

ホークといえば旧車會でも人気のバイクで、70年代のホンダを支えた大名車。日本国内だけでなく、海外でも様々な国でライセンス販売されていた、ワールドワイドに評価の高いバイクだった。

そんなホークの復活が、決まった。

当時は250ccのホーク、400㏄のホークⅡ、ホークⅢ&スーパーホークⅢとあったが、今回発売されるのは「ホーク11」。4から10はどうした! というツッコミもありそうだが、おそらくホークⅡの「Ⅱ」に寄せたものだと思われる。


元々、ホンダというメーカーには「過去は振り返らない」という企業理念があった。常に前だけを見据えて、いくら過去にヒットしたマシンがあってもリバイバルなどで再発はしない、という不文律があったのだ。

だからCBX400Fが再販された際に大きな話題となったのは、「あのホンダが企業理念を曲げてまで……」という部分も、大きなポイントとなった。

平成に入ってからはジェイドやヨンフォアなど、「売れるものを作る」方向へ舵を切ったわけだが、それ自体は決して悪いことではなく、むしろ企業としては正統な判断だったようにも思われる。


そしてホーク11だが、XJに対するXJRのような立ち位置のバイク……ではなく、1100ccの大型バイクだった……。

よくよく考えてみれば新車のキャブ車はすでに絶滅していて、国内を優先した400㏄のバイク開発も難しくなっているのが現状。スーフォアですら延命が危ぶまれているなかで、単純なホークのリメイクなど、夢のまた夢であった。これなら、高騰気味のホークの中古車価格に影響することはなさそうだ……。

ただ、元祖ホークと同じ2気筒で、カフェスタイルという点を鑑みると、ホークに乗っていた、かつて若者だったリターンライダーに、再度ホークに乗ってもらおう、ということなのだろう。バイク自体は、なかなか味のあるオジサン好みのスタイルに仕上がっている。

ただ、こちらのホークを「バブ」と呼ぶことはなさそうだ。


\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-HONDA HAWK

© 2022 i-Q JAPAN