【がんばれ】あの“元ヤン”タレント引退に捧ぐ!生き抜くためにできることベスト3を発表!

2020/07/07

COLUMN

旬ネタ&速報

電撃復帰からわずか5日で電撃引退を決めた、元ヤンがウリの女性タレントに今後の活躍方法を提案したい! おせっかい? いや、これでもシンパシー感じてるのよ~!



チョリーッス!!!!!


ということで、“タピオカ恫喝事件”で休養中だった木下優樹菜が、電撃復帰から一週間ももたずに引退を発表した。



子供のために復帰を決めたといっていたのに。

引退しないといけない、それ相応の理由があったハズ。引退を引き換えにするくらいの大ネタだとしたら、“クスリ”か“オトコ”かのいずれか。




後者の可能性が限りなく高いが、どっちにしても文春砲被弾不可避な状態にあったのは間違いない。


ただ、元ヤンキャラとして、そしてヤンママキャラとして一世を風靡した彼女を、このまま野に置くのは惜しい! もったいなさすぎる!!



そこで、ユッキーナに芸能界引退後のお仕事を、考えてみた。





第1位YouTuber
江頭2;50や宮迫など、テレビに出せない、出られない芸能人の稼ぎ場になっている、YouTube。ユッキーナも、容姿やコメント力が衰えたわけではないからして、疑似テレビタレント的な活動が一番ピッタリだと思うのだ。


『日本一ウマいタピオカ屋を探せ!』


とかやったら、鬼のようなビュー数が稼げると思うんだが。いや、むしろ逆でもいいかもしれない。


『日本一マズいタピオカ屋を探せ!』
第1位はもちろん“あの”お店!


これならみんな見るんじゃないだろうか。私は見たい。





第2位タピオカ屋
お姉ちゃんを念願の店長にしてユッキーナはナンバー2に。

話題にはなるよね。ただ、めっちゃめちゃ怒られるだろうけど。





第3位謎の副番長
入学したての1年生同士の序列をケンカで決めるというリアル・クローズな学校に通っていたユッキーナ。その“1年戦争”で決勝まで進み、見事副番長の座をゲットしたのは有名な話だ。

そこで、初心に帰って、とにかく副としての立場について色々と苦労してみるのはどうだろう。




執筆者:i-Q JAPAN編集部


TOP