旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【兵庫】姫路市と県警が●●暴走族対策訓練を決行!祭りの華、ともいってられない集団の正体とは・・・?

2018/06/09

COLUMN

旬ネタ&速報

もうすぐ祭りの季節ということでこんなニュースを発見しました! ●●暴走族が気合入り過ぎ!!


全国的にも梅雨に突入したばかりだが、梅雨が明けると待ちに待った「夏」がやってくる。夏といえば晴れの日が多く、四季のなかでは一番遊べる季節であろう。

旧車會の皆さん、単車乗りのみんなもバイクに乗り放題の季節だ。

9日発見したニュースでは、そんな夏に行われる「祭り」に、”●●暴走族”が現れ騒動を起こしているから対策訓練を決行したということだった。

●●暴走族って?? 一体どういうことなのだろう……。






 「姫路ゆかたまつり」(22~24日)を前に、「徒歩暴走族」などによる騒動を想定した訓練が8日、兵庫県姫路市防災センター(同市三左衛門堀西の町)であった。姫路市と県警本部、姫路署の約50人が、市民に迷惑を掛ける若者に警告し、取り押さえる流れを確認した。
神戸新聞:より引用


「徒歩暴走族!!!!」

訓練を行っていたのは兵庫県姫路市。「姫路ゆかたまつり」というお祭りにはなんと、徒歩暴走族が現れるそうなのだ。

単車に乗っていない暴走族が存在しているとは……。さらに特攻服をも着用しているらしい!!



同まつりでは、1990年代後半から特攻服を着て騒ぐ徒歩暴走族が問題になった。それをあおる「期待族」も現れ、2000年代には警察官に石や火炎瓶を投げるなど大きな騒動にも発展。市は08年に条例を改正、禁止行為を定め、排除に取り組んでいる。中止の命令に従わない場合、5万円以下の罰金が科される。
神戸新聞:より引用


徒歩暴走族をあおる「期待族」ってのもいるらしいぞ! これはいくら何でも警察が勝手に名付けただけだろうが、なかなか聞くことのない族だ。

一体何をするのかというと単車のコール音を口で叫び、祭りを荒らすというのだ。「姫路バーリバリーーー!!!!」といった感じで。

気合いの入り方が尋常じゃない! 我々としては問題を起こさずバイクには乗ってほしいところ(笑)。


実際に「姫路ゆかたまつり」に行ったことのある、i-Q JAPANライター怒璃瑠(ドリル)に聞いてみると「徒歩暴走族侵入禁止って看板は毎年でとるっすけど、正直見たことはないっすね~。もう徒歩暴走族ってだいぶん前の話でしょ? それよりも毎年私服で喧嘩しまくってる人たちのほうがやばいっすよ(笑)。あの祭りでは絶対に喧嘩が起きますから」とのこと。

じゃあ、なんの訓練してるんだ?

恐るべし! 姫路市(笑)。



【YouTube動画】






▼関連記事
【驚愕】怒璃瑠(ドリル)、またしても超有名メディアに登場するwwwwww今回は「兵庫県」についてのインタビュー!!【ヤンキー】

【歓喜】元八王子メジャー暴走族の「ヒロミ」が当時乗ってた族車を公開!めちゃくちゃ渋いと話題に!!【旧車】

【佐藤理人プロデュース】暴走族映画の概念をぶち壊す!? 30代の青春映画に仕上がった『OLD DAYS』を各方面が絶賛!!

【改造車祭典】富士河口湖オートジャンボリー、2018年も開催!昨年度のi-Q JAPANレポートも要チェック!!



参照元:神戸新聞
執筆者:i-Q JAPAN編集部



TOP