旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【百花繚乱】東京モーターショー2017コンパニオンを巡ってみた

2017/10/28

COLUMN

カルチャー

第45回 東京モーターショー2017 会場:東京ビッグサイト 会期:10月27日~11月5日 時間:月~土曜日:10~20時/日曜日:10~18時 入場料:プレビューデー(10月27日)3500円/一般1800円・高校生600円・中学生以下無料

なんだかんだ言ったって、こういったショーの華は各ブースのコンパニオンたちじゃなかろうか。声高にクルマの未来を語ったところで人が集まるかどうかは未知数だが、カワイコちゃん(死語)が「み~んな~! おいで~♡」とやったら、なんとなく集まってしまう。そんなモノじゃないだろうか。

とまあ、いいわけ(笑)もひと通り終わったところで、厳選(!?)コンパニオンを紹介しよう!


まずは、東海理化ブースで発見した彼女。最終盤の撮影だったので「今回のイチオシです」と声を掛けたら(←少なめに見積もって気持ち悪い)、「え~私なんかで申し訳ないです♡」と、なんとも謙虚。顔ちっちゃい、声かわいい、神対応。TMS参戦をお考えのアナタ。ぜひ生の彼女を拝んでほしい。


お次はALPINEブースの彼女。男というやつは、ちょっと薄幸そうな子に弱い。ちょっと目が怯えているっぽい感じ。実際のところどうかは関係ない。そのルックスに「俺が守ってやらなきゃ」的な使命感が発動してしまうのだ。たとえば彼女のように。すっごいモテただろうな~。


こちらはフォルクスワーゲンのブースから。都会的でオシャレなコスチュームを差っ引いても清楚で目の奥から楽しんでいるような笑顔。これはヤラレちゃうんじゃないでしょうか。取材のカメラマンも、なんかみんな彼女には話しかけていたし(笑)。


ハーレーダビッドソンのブースで彼女を撮影しようと思ったら、背後でコチラに気づかずずっとウロウロしていたオジサンが。困っていたら、背後に気づいた彼女から「声、かけずらいですよね~」といって、すごい話しかけてきてくれた。ぎこちないポーズも含めてプロっぽくないのがよかったです。


豊田紡織ブースのお姫様。展示用に半分に切ったコンセプトカーの後部座席にひとり座っていたんだが、彼女を座らせてあげたくなっちゃう担当者の気持ち、わかるな~(笑)。なにせお姫様だもの。



まだまだ紹介したりない、魅力的なコンパニオンがいっぱい。気になるコがいたら、ぜひTMSに遊びに行ってみてくださいね~。そして、このコーナーが楽しめた方は、コチラも覗いてもらえると担当者が喜びますのでゼヒ!
▼関連記事はコチラ
【今回は楽しめる!?】東京モーターショー2017に行ってみた!【旧車じゃないけど】

【AI/人工知能】東京モーターショー2017には未来があった!【EV/電気自動車】

TOP