絶版車ミーティング 単車&暴走族関連記事

【Z400GP】すごいファイヤーとド派手カラーリングで仕上げたGPが目立ちすぎた!!

カワサキというメーカーには、時代の空気を読んで大ヒットを飛ばしてきた歴史がある。

当時の世界最速記録を打ち立てたマッハ。開発争いではCBの後塵を拝したものの、初めてのDOHCエンジンで例話の現在でも人気が衰えないZ1/Z2。当時、絶滅してた空冷4気筒の中型を復活させ、記録的な大ヒットとなったZ400FX。そしてレーサーレプリカ全盛の時代に、あえてスペックを落とした中庸なバイクで“ネイキット”というジャンルを定着させたゼファー。

すべてにバランスのいいバイクより、長所を生かす独自性を重んじて、それをヒットにつなげてきたカワサキには、いつしか“漢の”という冠詞が付くようにもなった。



だからセールス的には苦戦したバイクでも、必ず熱狂的なファンがいるのがカワサキのバイク。このZ400GPも、そんなバイクのうちの一台だ。

FXの後継モデルとして、スタイル的にも“角Z”といわれる角ばったデザインを踏襲。タンクからサイドカバー、シートカウルへとひとつなぎになった外装デザインやトリプルディスク、黒エンジンに純正の集合管など、スペック的にはFXを上回る魅力にあふれたバイクだった。

だが、バカ売れした先代・FXの販売実績と比較すると成長曲線に緩さがあったのは事実。それでも、ずっとコレに乗り続けているというGPファンは多い。



このGPはホイールやボトムケースにも彩色を施したカラフルな仕様で、ラメフレークを加えたムラメタ外装に蛍光ピンクのファイヤーパターンがかなり印象的。

蛍光イエローの縁取りが、印象をより強めている。



テールは角Z定番のスタイルではなく、ゼッツーテールに換装。

ここにもファイヤーパターンは加えられており、かなり派手さが増している。



マフラーはNAKANO管。スイングアームはLIASの強化アルミ製に換装されていて、キャリパーサポートにもメッキが施されている。

ポイントによってカラーリングも微妙に変えられていたりと、見せ方の工夫も様々になされている。


\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

執筆者:i-Q JAPAN編集部

-絶版車ミーティング, 単車&暴走族関連記事

Translate »

© 2022 i-Q JAPAN