旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【第9弾】福岡×ゼファーのダブルネームでサーチ!!i-Q JAPANが独自の方法と手段でネットの世界からスペシャルな単車をチョイスする!!

2018/04/20

COLUMN

単車&暴走族関連記事

同じ県内でも異なる仕様が存在するといわれる福岡は、場所や世代によってさまざまなスタイルを見ることができる!! これが楽しい!! 次回は【群馬&栃木】編。お楽しみに!!

ラメが効いたブラック外装にゴールドの2本巻き。サイドカバーには「XIII」のロゴ。一世を風靡した悪羅悪羅スタイルですね。そこはかとなくドナドナ感が漂うのはなぜだろう……。







現行車の両巨頭、ゼファーとXJRの揃い踏み。そしてゼファーはブルー、XJRは紫と、ベースカラーもちょっとずつ違う。仕様もそれぞれ凝ってるし、対比が面白い。







ソリッドレッドの単色外装がいさぎよい! そしてデカめのシートカウルに若さが溢れていて気持ちいい!! タンクとフロントフェンダーのモールがオシャレ。







若い層がメインのツーリングなのかな? 単車のつくりも全体的に若さを感じさせるもの。タンクのフチどりって、流行ってるんだな。ツイッターで半自動的に300万稼ぐ方法 フォローマティックXY








ファイヤーボール外装に鉄メッキのフロントフェンダー、モリワキのショート管。そして極めつけはリーゼントの短風防。昭和をまとった平成ゼファーだ。







純正タンクの昭和なバブと並んできても、それほど時代性がかけ離れている風には見えない、ファイヤーボールのゼファー。バーハンが渋い!!







赤・白・黒をバランスよく配しているゼファー。タンクは黒×白のファイヤーボール。流れ星のラインは蓄光? ホイールは白、カバー類は赤など、配色が面白い。







待ってました! の爆発カラー! 加えてシャークマスクのググっと持ち上げたカウルがなんともタマラナイ。手作業で仕上げる単車のイメージもあるけど細部までかなり作り込まれているのがキモ。







すごく見覚えのある景色だと思ったら、i-Q JAPANで撮影したヤツだった! そりゃ見覚えあるわ。よくよく見たら三段シートが外れているけどファイヤーの凄さが伝われば。






黒×青のファイヤーボールがシブいんだけど、蛍光イエローの三段シートが装着されると雰囲気が一変。めちゃめちゃイマドキっぽい単車になりますね!






次回は【群馬&栃木】編!

記事に取り上げられたいオーナーは今のウチに #群馬 #栃木 #ゼファー をつけて自慢のゼファーをSNSにアップしておいてくれ!!

もしくは下記のバナーから写真を送ってほしい!!



▼我々編集部が見つけきれなかったキミの単車はここから投稿してくれ!


▼他県のゼファーを見る
第8弾【福島&新潟×ゼファー編】

第7弾【大分&佐賀×ゼファー編】

第6弾【宮城×ゼファー編】

第5弾【熊本&長崎×ゼファー編】

第4弾【岩手&秋田×ゼファー編】

第3弾【鹿児島&宮崎×ゼファー編】

第2弾【北海道&青森×ゼファー編】

第1弾【沖縄×ゼファー編】

▼全国のCBXまとめを見る
47都道府県のCBX400F一気見せ



▼ツイッターで半自動的に300万稼ぐ方法




執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP