SUZUKI GS

【GS400】見るからに“なにか”をしそうなGSの仕様がスゴすぎた!【絶妙】

全体のバランスにもめちゃめちゃ気を配りながら、随所に意図が感じられるこちらのGS。フルカウルと三段シートのバランスが絶妙で、適度にハンドルも絞った神奈川仕様で、外装はラメ地とソリッドカラーを組み合わせた“のの字”外装というのもポイントが高い。フルカウルやフェンダーにもその意匠は上手に取り入れられているのがわかる。





テーマカラーは尋ねるまでもなくオレンジだが、ラメ地のキャンディーカラーとソリッドを使い分けているフルカウルや、素材間の異なる三段シート、アルマイト加工を施したホイールのリムと、異なる手法や素材を用いているため、立体感を感じさせる。これを意識的に行っているとしたら、オーナー氏はかなりのバランス感覚の持ち主だろう。





もちろん外装だけではなく、足回りにも独自の感性と方向性が感じられる。

スイングアームとトルクロッドはウエダレーシング、サスはオーリンズでかためており、剛性の高さが伺える。

フロントはダブルのフローティングディスクにブレンボのキャリパーを装着。そしてホイールはスポークホイールを取り入れている。





発売初期のGSはスポークホイールだったが、その後はずっと星キャスが標準装備されていた。現在ではロードバイクの大半がキャストやアルミ、もしくはマグネシウムなどの金属でできた太いスポークを履かせているが、オフロード車は現在でもスポークが主流。

これは、ジャンプなどの上下動があった際に、ホイールとスポークをわずかにたわませて接地のショックを逃がすことができる、という利点があるため。

たとえばウイリーなどを行うのであれば、スポークホイールはプラスに働く公算が大。実際に行っているかどうかは不明だが、いざとなれば対応できるスタイル、ということだ。





見た目だけではなく、実用性も加味した仕上げのバランスがとれた仕様で、大人の余裕を感じさせるGSだ。


\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-SUZUKI GS

Translate »

© 2024 愛旧ジャパン(i-Q JAPAN)|旧車會・カスタムバイク専門WEBマガジン