SUZUKI GS

【GS400】レーシーなアイテムをてんこ盛りにしつつセンスを端々に感じさせるGSがカッコいい!

2023年8月17日

70年代から80年代のバイクをバチバチに仕上げたいと思うと、最終的にはどうしても二極化するのは否めない事実だろう。

ゴリゴリの族車仕様に仕立てていくか、レーシーな要素を取り入れていくか。

ゴリゴリの族車仕様もそれはそれでセンスが必要。ちゃんと往年のスタイルを踏襲していないと、ただの派手なバイクになってしまうし、ちょっとした個性もそれはそれで必要になる。

そしてレーシーな車両に振っていくのも、様々あるアイテムのなかから何をどうチョイスするかのセンスとちょっとした財力、そして欲しいパーツがちゃんと手に入るか否かの運も必要だ。簡単なようで、どっちに振り切るのもなかなか難しい。
 
 
 


こちらのGSは完全に後者に振り切っているタイプ。

まずGSにイノウエのブル三分割。意外とボリューミーで装着するバイクを選ぶ傾向にあるこのフルカウルをGSに取り付け、しっかりなじませているのがお見事。

これはカラーリングの妙でもあるが、ヨシムラカラーでもある赤・白・黒の3色をタンクやフレームのカラーリングとも合わせて取り入れているのでまとまりがあるなかでシャープさも感じさせる。
 
 
 


前後のホイールはハヤシのキャストホイール。GSに装着している姿は意外と稀だが、重厚感のあるシルエットはブルの三分割とも相性抜群だ。
 
 
 


外装に合わせて……いるわけではないだろうがマフラーはヨシムラサイクロンの当時物。旧車會界隈であればハス切りだったり「シムラ」になっていたりするのも珍しくはないが、こちらはレアなノーカット。程度もよく、貴重なお宝アイテムだ。
 
 
 


スイングアーム&トルクロッドはウエダレーシング製。リアショックはホワイトパワーというがっつりとレース仕様のパーツを装着。オイルクーラーやメッシュホースなどエンジン回りにも手を加えていて、かなり作り込んだ仕様で、レーサーレプリカまでやり過ぎない旧車となっている。

 

\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

ボタン

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-SUZUKI GS

Translate »

© 2024 愛旧ジャパン(i-Q JAPAN)|旧車會・カスタムバイク専門WEBマガジン