SUZUKI GS

【GS400】左右で書き分けた異なるモチーフが行きと帰りで違うバイク!?

旧車バイクのイメージを決定づける、一番の決め手は外装ペイントのモチーフだろう。全く同じ仕様にしても、色使いや描き入れる図案によって、その印象はガラッと変わってしまう。

そしてバイクに限らず、こうしたバイクのデザインは基本的に左右対称である、という共通認識がある。

そうしたイメージを逆手にとって、近年は右側面と左の側面で色を変えたり、図案そのものを違えてインパクトを持たせるという手法を使ったバイクも登場している。




ただ、こうした場合も純正風外装のカラーリングを変更したり、色だけ変えたりといったパターンが主流。それを左右でモチーフをガラッと変えて、なおかつ塗装手法だけ統一させているのが、こちらのGSだ。

ご覧のとおり、右半身のモチーフは日章(旭日旗)。タンクとイノウエフルカウル、Z2テールのそれぞれに日章が描かれている。特筆すべきは単色ではなく、濃淡が加えられているということ。グラデーションが効いていて、より立体的に見える。




これが車体の左側面はデザイン一変。ベースカラーはそのままに、赤をベースカラーにしたトライバル調の龍が描かれているのだ。

こちらもグラデーションがかけられていて、赤からオレンジ、そして紺色にまで色合いに幅有るので、より立体的な印象が残る。左右ともラメが噴かれている点も見逃せない。

これだけ異なるモチーフだと、1台で2台分のバイクを仕上げたきぶんになれるんじゃないだろうか。




細部のパーツもかなり手が込んでいて、Uリムのスポークにはピンクのチューブ付き。ブレーキはダブルディスクとなっている。

エンジンカバーはメッキ。マフラーもメッキのWING管を装着している。




ウエダレーシングのスイングアームとトルクロッド、オーリンズのサスで足回りを強化。さらには吊革に回転灯、三連ラッパという族車アイテム3点セットも装着しているのでワルさも感じさせる。



\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-SUZUKI GS

© 2021 i-Q JAPAN