【GS400】ワイルドボアspフルプロデュース!隙の無い仕上がりがスゴい!

2021/05/30

COLUMN

単車&暴走族関連記事

ショップが技術とセンスをつぎ込んだコンプリート車両には、ショップの目指す方向性や嗜好が見て取れる。高いレベルの表現性も見ものだ。
旧車會に限らず、バイクのオーナーは「行きつけのショップ」を持っているケースが多い。近所であったり、バイクの購入先だったり、きっかけは様々だが、状態を把握してもらいやすいので継続して診てもらうのは大いにメリットがあることだ。

整備や修理だけを行うショップもあるが、旧車會系のショップはカスタムの指南をしてくれるところも多い。むしろ、そこまでやってくれるショップは少なくない。


今回ご紹介するGS400は、九州のショップレッドステージ・ワイルドボアspが完全プロデュースしたバイク。随所にその技量が光っている。

トータルのイメージカラーはグリーン×ブラックがベース。レインボーラメのラインにネオンがかったキャンディーグリーンのボカシが入ったファイヤーパターンがフルカウルからテールカウルまで、全体をカバーしている。

フルカウルの側面やタンクのロゴにはキャンディーゴールドを使ってアクセントに。レインボーラメにキャンディーカラーの組み合わせが、ライトや直射日光に当たった際のギラギラ感を演出している。


個性が現れているのが、ホイールの処理。スポーク一本一本をチューブに通してセットしているのだ。

カラーリングの面ではテーマカラーが鮮明に打ち出されること、スポークが太く見えるので力強さが感じられること、なにより他者とは異なるオリジナリティーが発揮されるなど、得られるものは多い。


マフラーは旧極のコール大会吸い込み部門でも優勝したレッドステージ・ワイルドボアspのオリジナルマフラー、猪管メガサイクロンのハス切りを装着。音切れ、ボリュームともに満足しかない逸品だ。

エンジンカバーはメッキ、ボルトは金メッキでアクセントを強めに。万が一の転倒などで損傷させたくない部分のボルトにはカバーを付けるなど、リスクヘッジがしっかり取れている点も見逃せない。


スイングアームとトルクロッドはウエダレーシング製。トルクロッドにはショップ名が刻印されている。


そしてオーナー氏のイチ推しがコクピット。湯温計などのデジタルメーター2機の装着もそうだが、スピードメーター&タコメーターが電光になっている点に注目したい。

外向きのアイテムではなく、あくまで自己満足のパーツだが、これは乗っているのが楽しくなりそう。バイクに長く乗り続けられる秘訣は、意外とこういったポイントなのかもしれない。



▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【CBX400F】注目ポイント多数! 個性が詰まったCBXは随所に見どころアリ

【CB250N】この色そしてこのポーズ!モデルは昔懐かしの“アイツ”じゃないか?【バブ】

【KATANAらしさ】後期GSXが“刀”ということがよくわかるGSX250Eのルックスが秀逸すぎた!

【名車誕生】このGS400Eは見ないと損!完成度の高さがハンパない1台

【XJR400】現役感たっぷり!夜の街道もお似合いの男前バイク【現行車】




▼GS400関連の動画をチェック!





執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP