HONDA CBR

【CBR400F】コンセプトがしっかりしたCBRの裏を返すとさらなる仕掛けが!【バイカラー】

ラメベースにボカシの入ったファイヤーパターンを身にまとい、フレームやホイールにも塗装を加えたこちらのCBR。コールマンに人気のマフラー・猪武者ブレット第二章を装着、マフラーの角度に合わせてケツ上げしたテールや、フロントフェンダーとツラを合わせた耳カットのカウルなど、随所にこだわりが感じられる仕上がりとなっている。

出展しているイベントの関係でシートはタックロールだが、このケツの角度からして普段はシートを寝かせた墓石三段シートなどを載せているであろうことは、容易に想像がつく。



スカイブルーと赤のボカシが入ったファイヤーパターンは、オレンジのラインが反射になっていて、ファイヤーの内側はラメ塗装。夜は夜でギラギラとしたファイヤーパターンが出現するといった寸法だ。



ただ、この外装の縁どりを反射や蓄光にして光らせるという手法は、ある程度の市民権を得たデザインでもある。

ここ数年で急激に流行って、今ではポピュラーな選択肢のひとつにまで成長している。



このCBRの注目点は、その反射外装を左右で異なるデザインで仕上げたこと。マフラーのある右側はファイヤーパターン、そして左半身はプレスラインに沿った幾何学的なライン塗装を用いているのだ。

左右で異なるデザインやカラーリングを施した外装は数年前から見られるようになったものだが、反射の外装でこうした手法をとっているバイクはまだ珍しい。デザイン自体のレベルも高く、かなり欲張りで面白い仕様になっている。



CBR乗りだけにスイッチボックスの換装や軽スロ装着など、コールに対しての意識も高い。この仕様でコールもできるとなれば、ナイツーではさぞや注目を集めていることだろう。


\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-HONDA CBR

Translate »

© 2022 i-Q JAPAN