SUZUKI GS

【GS400】塗れるところは塗っておけ的なカラフルGザリの手の加え方がヤバい!

ポピュラー、というほど数が多いわけではないが、GSにGSXザリの外装を乗せる“Gザリ”は、カスタム好きな旧車乗りには定番の手法のひとつ。

ザリの直線的なデザインは、バイク好きの琴線を刺激する、という側面もあるだろうが、基本的には「他人と違うことがしたい」という個性重視のカスタムが主な理由だろう。



こちらのGS400もザリ外装に換装した“Gザリ”で、Gフォア用のBEETのアルフィンカバーなどタンクやテールカウル以外にも様々なパーツを換装しているのがパッと見で分かる。



まずフロントの足回りだが、ホイールは星キャスからBEETのキャストホイールに換装。フロントフォークをGフォア用のダブルアンチに変えて、ディスクもフローティングディスクに変換。キャリパーサポートを装着して、ブレンボのキャリパーを左右で装着している。

フロントが沈み込まないアンチノーズダイブフォークはメリットもデメリットもあるシステムなので“飾り”にしている方も少なくないが、こちらはホースも繋がっているのでしっかり機能させているようだ。



そしてホイールとディスクの中心、スタビライザーは赤に、ボトムケースは黄色に塗り分け。

カラーリングの部分では、マフラーとポイントカバー、オイルクーラーなども赤で塗装。フレームやスイングアーム、さらにデュアルのハーフカウルの内側などは黄色で塗り分けて、とにかくカラフルに!



そして外装はレインボーラメにキャンディーパープルのラップ塗装がなされた3色の三本巻き! 内側にボカシたピンク・紫・赤のラインはそれぞれに主張が強く、なおかつ中心の紫は外装カラーに合わせているのでまとまりがいい。

ヘルメットもフルフェイスではあるが両サイドに富士日章が描かれていたいと、どこまでもヤンチャさを隠さない姿勢がたまらない。


\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-SUZUKI GS

Translate »

© 2022 i-Q JAPAN