旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【旧極】今年もハイレベルな単車が揃う!!ドレコン特集part1【Episode.5】

2018/10/02

COLUMN

単車&暴走族関連記事

例年、ハイレベルな争いが繰り広げられるのはコール大会だけじゃない! こちらドレコンだって今年も激アツだ!!
関西のイベントでは必須のドレスアップ・コンテスト。

嗜好を凝らした単車が見れるのを、楽しみにしている参加者は少なくない。

今年のエントリーは7台。傾向としてはゼファーが増えたこと! そして三段シートを付けた単車が少なくなっていること。街乗りにも使える、実用性も考慮した単車が増えたようだ。

今日と明日の2回に分けて、エントリー車両を詳細に紹介していきます。お楽しみに!!




【エントリーNo.1 カワサキZephyrχ】
大人気のゲーム・スプラトゥーンの世界観を、そのまま単車に投影。ポップでカラフル、さらに流行を敏感に取り入れたとあって、特に若い世代を中心に注目度は高かった。ペイントは相当大変だったと思うが、さらにカラーメッキを随所に取り入れたりと、色の大洪水だ。

▽詳細はこちら




【エントリーNo.2 カワサキZephyr】
こちらのゼファーのコンセプトは「1/1のプラモデル」。全体にカラーメッキを施しているのだが、多少無理をしてでもメッキできる部分はすべてメッキをかけて、コンセプト通りの質感を表現している。CBXハンドルやセブンスターキャストなど、パーツにもぬかりナシ。

▽詳細はこちら




【エントリーNo.3 スズキGS400】
製作ショップは一目瞭然。ガレージエイトのコカ・コーラ外装をまとったGSだ。今回の出展車両のなかでは、もっとも旧車會よりのルックスでありながら、リアブレーキのドラムカバーに放熱用のスポットを開けていたりと、小技が光る。カフェでは時々目にするが、旧車會仕様の単車では極めて珍しい。

▽詳細はこちら




【エントリーNo.4 カワサキZephyrχ】
見れば見るほどZ2! サイドカバーはもちろんのこと、ガソリンタンクもZ2仕様で、しかもはめ込みカバーではなくちゃんとしたパーツというからスゴい。外装のスペシャリスト、JOKER’Sの面目躍如といったところ。ハンドルやマフラーのチョイスにも統一感がある。エンジンは450㏄にボアアップ、バランス取りも完璧!

▽詳細はこちら




気になる結果は次回!
明日の【旧極】ルポもお楽しみに!


▼『旧極 Episode.5』バックナンバーはコチラ!
【旧極】”進化を止めない旧車會イベント”は今年も動員数をアップで大盛況【Episode.5】

【旧極】全国&海外からも旧車乗りが参戦!当日の模様をがっつりお届け!!【Episode.5】

【旧極】マジでヤバい!!今年のコール大会は新たな歴史の扉を開いたかも……【Episode.5】


▼ツイッターで半自動的に300万稼ぐ方法




執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP