HONDA HAWK

【SUPERHAWK3】本当の意味で“唯一無二”のパーツを散りばめたバブの完成度が高すぎた!

今は別のバイクに乗っていたとしても、「昔は乗っていた」「次に乗りたい」バイクとして必ずその名前が挙がるのがバブだ。

入門編としても、生涯の相棒としても人気の高いバイクで、様々にマイナーチェンジを繰り返しつつフレームとエンジンはほぼ同一という特性を活かして、これまでも数限りない個性豊かなバブが誕生してきた。



そのなかでも、今回ご紹介するバブは完全に“唯一無二のパーツ”を装着したオリジナリティーの高い一台だ。

もちろん、逆車専用パーツでもあるシックススターホイールや三本巻きラインとファイヤーパターンを組み合わせた外装など、“見せ場”が多いデザインではあるが、このバイクの特徴はもっと別のところにある。



それが鋳造(ちゅうぞう)のオリジナルパーツ群だ。

鋳造とはドロドロに溶かした金属を型に流し込み、冷却して成型する金属加工法のひとつで、英語だと「キャスティング」。キャストホイールの“キャスト”が、この鋳造にあたる。



左右のエンジンカバー、そしてステムカバーは完全オリジナルのパーツ。

オーナーが所属するチームの名前と自身のニックネームをデザインして装着したものだ。

デザインが秀逸なのはもちろん、正直、このサイズの鋳造パーツをワンオフで作成するのは結構なコストがかかる。誰もが手を出せるアイテムではないからこそ、価値があるパーツだろう。



ちなみにパーツ自体はオリジナルではないものの、タンクのメーカー名が個人名になっていたり、ホイールの縁どりやマフラーにチーム名が刻まれていたりと、随所に個性が光る仕様。

ちなみに、車両を撮影したイベント『旧栃2022』では、こちらのバブがドレスアップ部門のベストHAWK賞を受賞していた。やはり、見る人が見たら分かるものなのだろう。

\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

執筆者:i-Q JAPAN編集部

-HONDA HAWK

Translate »

© 2022 i-Q JAPAN