HONDA HAWK

【HAWK】昭和ヤンキーの大定番!“ハジメちゃんソアラ”のアレンジ化がイケてる!

昭和の人気ヤンキー漫画のひとつに『シャコタン☆ブギ』という名作がある。

作者の榊みちはるはほかにも『あいつとララバイ』『湾岸MIDNIGHT』など、人気作・名作といわれる作品を多数世に送り出している漫画家だが、その特徴のひとつが“リアリティ”だ。



たとえば『あいつとララバイ』は主人公・ケンジが駆る赤✕白の“火の玉”外装のZⅡだったり、『湾岸MIDNIGHT』の“悪魔のZ”など、思わず真似したくなるカスタムを施したマシンが数多く登場する。

実際、赤✕白の火の玉外装は“ララバイ仕様”として認知され、多くのフォロワーがいるし、悪魔のZも何台かは具現化した車両が存在している。



そして『シャコタン☆ブギ』だ。
登場車両に寄せた車両は星の数ほど現れたが、中でも人気だったのが、“ハジメちゃんソアラ”。

主人公が乗っていたゼッケン67の白✕青のシャコタンのソアラで、イベントごとがある際にはカルピスソーダ風の水玉模様を加えたりしてた。

この“ハジメちゃんソアラ”も、昭和・平成のヤンキーには人気があって様々な実車仕様が登場してたものだ。



この“ハジメちゃんソアラ”をバイクで表現しているのが、こちらのバブ。白✕青のツートンに67のゼッケン、そして水玉模様のイベント仕様だ。

色使いやゼッケンの書体など、かなり完成度は高い。知っている人が見たら、一発で“ハジメちゃんソアラ”だ! となる仕様だ。



車体に合わせて風防のスクリーンや三段シートも白に。フレームやマフラー、ボトムケースなどは黄色に塗り分けて族車らしさもアピールしている。

北関東のバイクらしい絞りのアップハンもシブいかぎり。なによりも、このバイクを仕上げたオーナーの「好き」が伝わってくるのがイイ! 見る側も嬉しくなるバイクだ。

\旧車會 族車バイク買取・高額査定ランキング/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキング!より高く売るためのポイントは?

「旧車會 族車バイクを高く売りたいけど、どこに売ればいいのか分からない!」とお悩みではないだろうか?

近年空前の旧車ブームにより、バイクそのものの価値が上がっているため、何も知らずに売却すると買い叩かれてしまう可能性がある。

そうならない為にも、長年旧車會や族車に携わってきたi-Q JAPANが旧車會 族車バイク買取・高額査定のおすすめランキングを紹介しよう!

\24時間365日いつでも買取査定!/

旧車會 族車バイク買取・高額査定おすすめランキングを見る

※不動車・事故車もOK


【債務者必見】借金減額&取り立てSTOPの裏技を見る>>

旧車乗り必見 おすすめ副業ランキングTOP10を見る>>

-HONDA HAWK

Translate »

© 2022 i-Q JAPAN