【CBX400F】こんな“ニコイチ”ならやってみたい! 個性を主張しあう兄弟車CBXがスゴい!

2021/02/03

COLUMN

単車&暴走族関連記事

兄弟車のコンセプトは守りつつ強い個性を打ち出しているハイレベルなCBXがカッコいい! 趣向を凝らしたパーツのオンパレードで、どちらも引き立つ“ニコイチ”に仕上げている!

“兄弟車”というコンセプト・カスタムには、いろんな楽しみ方がある。

車種だけ変えて外装はまったく同じに揃える方法もあれば、車種を揃えて外装もまったく同じにする手法もある。

また、外装ペイントや三段シートの形状など、ごく基本的な部分だけ統一感を持たせたうえで、あとは個々の個性を尊重していく、というやり方もある。

こちらのCBX400Fは、同じ旧車會チーム・仟本櫻のメンバーでもあるボスさんのCBXと兄弟車。2台を比較すると、たしかに両者(車?)はコンセプトの部分で密接な関係にあるのは分かる。一目瞭然だ。




それも、ただ似ているというだけでなく、しっかりと両者とも高いレベルの仕上げがなされているのが凄い。

外装はプレスラインにそって引いたシルバーラメのラインなのだが、キャンディーレッドの下にはボカシを加えた、いわゆるゴーストフレアのファイヤーが描かれている。

このアイディアを、兄弟車のCBXとも共有しているワケだ。




こちらが兄弟車でもあるボスさんのCBX。

車両の詳細は下記からご確認いただきたい。

【CBX】レベルの高いフル架装でも一番の注目ポイントといえばココ!これは真似したい!




ピヨピヨ&ローレルウインカー付きのジョーカーズカウル、アルフィンのサイドカバーにBEETテール、三段シートの形状などでも統一感を表してはいるが、個々に個性を表現している部分も多々存在する。

ホイールリメイクを施して、リムはゴールド、ブーメランコムスターなどの中心はⅡ型らしく黒に。さらにボトムケースは銀メッキで変化を加えた。

面白いのは、タンクのロゴを赤ソリ限定のデザインにしている点。これは兄弟車のCBXでも採用。茨城のペイントショップ・MARSとの共同作業で生み出した、明確な個性といえる。




ハンドルはCB系のセパレートハンドルではなく、BEETのハンドルクランプをチョイスしてウイリーハンを装着。このハンドルクランプやステップなどのゴールドパーツが、大人のゴージャス感を醸し出している。



執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP