【滋賀】コロナ禍のなか“暴走高校生”逮捕でさらに驚いた警察発表のエグさとは?【暴走族逮捕】

2020/07/31

COLUMN

旬ネタ&速報

最近、グッと報道される機会が減っていた現役暴走族のニュースが、久しぶりに飛び込んできた。滋賀県で、現役高校生が暴走で逮捕されたという。



いよいよ、というか、やはり、というか。

コロナ禍で自粛ムードが蔓延するなか、滋賀県で高校生3人が道交法違反(共同危険行為)の疑いで逮捕された。

画像のバイクを見ると、ゼファーやXJRに三段シートを装着した、それなりの族車。ケツアゲなどもされていて、頑張っている感がある。




3人は6月15日午後8時50分ごろ、大津市の湖岸道路などで赤信号を無視したり、蛇行運転をしたりして他の車両の走行を妨害。県警交通指導課によると「夜間にバイクの音がうるさい」などと深夜のバイクの走行音などの苦情を訴える同市内などからの通報が5、6月の2カ月間で約80件あったという。

引用元:産経WEST

この3台に乗っていた3人は“暴走族”という扱いなのだが、最近流行りのチームを持たない、SNSで集まった“仲間たち”なのだそうだ。

失礼ながら、滋賀県にこんなに激しい一団がいたのは知らなかった。サイト的にはまったくもって頼もしい存在だが、近隣住民にとっては迷惑きわまりないことだろう。




コロナが話題になってから、なかなか暴走族が逮捕されるニュースは聞くことがなかった。コロナ禍以降、大々的に暴走族の逮捕が報じられるのは、ひょっとするとはじめてではないか。

不謹慎だ、との声も挙がっているようだが、暴走族が自粛するとでも、世間は思っていたのだろうか。

ちなみに、最も驚いたのが以下の部分。

県警はいずれも高校生らの暴走行為による被害とみて捜査を開始。覆面パトカーなどから暴走時の映像を撮影し、3人を逮捕。全バイク約10台、約20人のメンバーを把握しており、さらに捜査を進めている。

引用元:産経WEST

こんな風に暴走族をアオる記事は、なかなかお目にかかったことがない。警察もメディアを使った心理戦を仕掛ける時代に突入したということか・・・。




TOP