【初登場】1.2メートルの三段シート!?昭和の有名車仕様のCBX400Fがヤバかった!

2020/08/01

COLUMN

単車&暴走族関連記事

遠路はるばる……という言葉があるが、各地の旧車を撮影に向かうi-Q JAPANでも、未だかつて上陸したことがないあの街からやってきたCBXがヤバかった!



暴走単車を求めて全国各地を訪れるi-Q JAPANも、まだ足を踏み入れていない北海道からイベントに参加してきたCBX

最初は遠くから参加してきて大変でしたね…というイメージで撮ったものだったが、よくよく見ると見どころも多いバイクだった。




フルカウルを高めにセット、1.2メートルのお化け三段、俗にいう“バケサン”を装着。さらには30センチのアップハンを付けた、かなり現役寄りのCBX。

最近の旧車會仕様では同じCBXの750や1000のハンドルを装着するパターンが多いが、普通のアップハンを付けていると、ワルさはグッと増す。

さらに外装カラーは純正Ⅰ型をただ薄めに塗装しただけなのかと思いきや、このパステルカラーはクレージュカラーなのだ。




昭和50年代はファッション業界とのコラボレーションで世に出るマシンも多かった。当時の人気ブランド「アーストン・クレージュ」とのコラボで、ダイハツからは軽自動車・クレージュMIRAが、ホンダからはスクーター、クレージュ・タクト、通称“クレタク”が発売される。

これはホンダが期待した女性だけでなく、世の不良少年のハートにも刺さり、人気の原チャリとなったのだが、このCBXはそのクレタクからも着想を得ている。




延長テールが三段シートと高さを違えているのは、シート裏に記したメッセージを見せるため。これはナットクのサイズ感だ。




TOP