旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【第12弾】本日は滋賀&三重×CBX編!老舗チームと名車が揃う地域をi-Q JAPANが独自調査でサーチした!!【関西周遊中!】

2018/03/22

COLUMN

単車&暴走族関連記事

CBXにとって関西はまさに本丸といってもいいくらい需要が高い場所。なかでも滋賀・三重は古くから活動するチームもある、隠れた名車の産地なのだ!!  そして明日は【京都】編をお届けします!
《滋賀》
90センチ近く延長している墓石三段がドンとそびえたつ。Ⅰ型の青×白に赤のロボハン、赤のフレーム、赤のスイングアーム、メッキのカバー類などをバランスよく配備している。







外装は銀ラメにグラデーションの効いた3本巻きだが、エンジンやフレームは基本的に赤と黒でまとめるというオシャレ上級生みたいな技を披露しているね!







このラフな感じが夜に溶け込んでます。ピヨピヨを付けたアップライトにドッカン風防、ウインカーもヨーロピに。フロントは550に換装してます!







紫美香達の方みたいですね。ツーリングに竹やりで参戦するガッツが素晴らしい!! 銀ラメの3本巻きにドッカン風防と富士日章のコルク半、どれもこれもワルい!







ソリッドの黄×白のツートンに赤のラインで全体を統一。型にハマらないカラーリングのパターンで独自性を追求しているのがカッコいい!!ツイッターで半自動的に300万稼ぐ方法 フォローマティックXY







赤×白のⅠ型と青×白の550インテグラの2台は、普段からツルんで走っているんでしょう。桜の花の満開の下に美しく並べて、まさにインスタ映え!







シャコタンにしたCBXにがっつりケツ上げ、イエローを多用した足回り、個性的な外装と、オリジナリティーのかたまりのような旧車會仕様。TiffanyRacingの方ですか。納得!!







どのCBXを取り上げましょうかね? というくらいそこかしこにCBXの姿が。やっぱり関西方面はCBXが、そしてホンダが強いのがよく分かります!







まさかの誌面(笑)!! このパターンは初めてだし滅多にない気がします。そして画像を載せた理由を知って、いたたまれない気持ちになりました……






▼他県のシリーズを見る
第11弾【和歌山&奈良×CBX編】
第10弾【兵庫×CBX編】
第9弾【香川&徳島×CBX編】
第8弾【愛媛&高知×CBX編】
第7弾【岡山×CBX編】
第6弾【山口&広島×CBX編】
第5弾【福岡×CBX編】
第4弾【大分&佐賀×CBX編】
第3弾【熊本&長崎×CBX編】
第2弾【鹿児島&宮崎×CBX編】
第1弾【沖縄×CBX編】


※次のページへ続く!!

TOP