【超希少】当時ものパーツてんこ盛り!激シブい珠玉のヨンフォア

2020/07/13

COLUMN

単車&暴走族関連記事

イベントで見つけた気になる単車をピックアップ! 旧車會では少数派だけど、バイク乗りなら誰でも知ってる超メジャー車種のヨンフォアに、触れてみた!



70年代がメインの旧単車イベントでは、むしろ主流のヨンフォアも、こと旧車會では意外と少数派。同じCBでもバブやCBX、CBRに比べると、現場で見かける割合は圧倒的に低い。


ただそれは、ヨンフォアの人気がないのではなく、広く一般的な人気が高すぎるため。実際、旧車ショップでの車両価格は、旧車會では人気のCBXに勝るとも劣らない。


コール向きではないものの、やはりヨンフォアはカッコいいバイク。2018年のNM5では、こんなオシャレなヨンフォアが参加していた。




コール向きではないものの、やはりヨンフォアはカッコいいバイク。2018年のNM5では、こんなオシャレなヨンフォアが参加していた。


ベースカラーは単色のベージュ。タンクのカラーが 単色のヨンフォアのイメージを崩さず、赤・青・黄色など派手めな単色が使われている純正とは一線を画す色合いが心憎い。


タンクと色違いのサイドカバーが、サンキュッパ(398cc)のヨンフォアを物語る。あえての純正残しが効果的だ。




アップハンに装着されているのは激レアな当時もののナポレオン55ミラー。アップハンとのバランスも絶妙だ。




25センチ延長のチョビ三段シートは、ラクダの高さとかリベット留めのバランスとかベルトの太さとか、オーナーが思う「カッコいい」が凝縮されている。


バイクに対する想いが一番感じられるパーツは、意外とシートなんじゃないかと思えてしまう。




リアショックは当時もののコニー。純正らしい面影を残しつつ、細部まで手を抜いていないのは素晴らしい。しかしこうしてみると、当時ものだらけだ。




実はこれが一番希少度が高いんじゃないかというコーションラベル。純正フレームで、かつ何の加工もしていない個体にしか残っていないものだ。


パーツそのものに希少価値があってカッコいいのは当然だが、一番はヨンフォアへの想い。これだけ強く愛せるバイクを持ったオーナーが、マジでカッコいい。



TOP