【こだわりの1台】レベルくっそ高い!マニアなショップが本気で仕上げたゼファーがヤバい!

2020/07/21

COLUMN

単車&暴走族関連記事

ヤンチャな仕様が多いゼファーだが、バイク界に一大“ネイキットブーム”を巻き起こしたデザイン性の高さは、もっと評価されていい。そして、ゼファーを改造したバイクも、もっと日の目を浴びていい。

旧車會のなかでは“現行車”というカテゴリーに属するゼファー。昭和と平成で区分分けするとしたら、たしかに平成と共に世に現れたゼファーは、CBXやGSと比べたらひと時代若い存在ではある。

CBRやスズキのRGΓ(ガンマ)の登場以降、レーサーレプリカが全盛となっていったなか、カワサキが一大決心をもって世に送り出したのがゼファー。

ゼファーとは英語で『西風』という意味だが、これは工場がある兵庫県明石市(関西)からバイク界に新風を吹き込む!という意思を込めたもの。商標登録していたアメリカの某大手自動車メーカーから、商標を買い取ってまで名付けほど、会社としても思い入れがあるバイクだった。




ネイキット、つまり余計な装飾がない“丸裸”のスタイルが、悪いはずがない。4気筒400㏄バイクらしい、シンプルながら万人受けするルックスは、バイク改造のベースとしても汎用性が高い。

今回のゼファーはまず、外装の完成度が特段高い。

外装ペイントは白・黒・赤の3色をバランスよく配置。これがパールやラメなどを加えないソリッドカラーだけで成り立っているのがスゴい。




エンジン回りも、メインは黒と赤。パーツごとに様々なタイプの塗装が施されていて、同じ黒でも見え方に立体感が生まれる。




そして、ゼファーのパーツのなかでも特徴的なのがホイールとスイングアームの形状。その特徴的なパーツにも、しっかり赤と黒の塗装が施されている。

凹凸の凹の部分は赤、そして凸の部分は黒と、塗り分けもされていて、走る姿も気になってしまう。

初代の発売からは30年以上が経過、さらには絶版車でもあるのだから、令和に元号が変わったこのタイミングで、扱いも変えてみてはどうだろうか。




TOP