【不良】100%族車方向へと振り切ったCBR!紅白カラーでワルさ全開

2020/08/26

COLUMN

単車&暴走族関連記事

純正だとレーサーらしさもあるCBRだが、こちらは紅白カラーの三本巻き外装に、シボリのアップハン、チンチラシートを装着。さらには新幹線風防にテープ補強のヘッドライトと、より暴走族車らしく仕上げている。

「Honda・CBR400F」といえば、のちのバイク業界に一大レーサーレプリカブームを巻き起こした立役者。角パイプのフレームにテール化で一体となったフォルムなど、一時は「これを旧車と呼んでいいものか?」という論争も巻き起こったと聞く。

今ではCBRが旧車であることに異を唱える者はほぼいないだろうが、スポーティーでレーシーなCBRのシルエットは、それだけセンセーショナルだったということだろう。




そして、このCBRを見れば「CBRは族車ではない」などとは、口が裂けても言えないだろう。レーシーさはさておいて、ワルさに針を振り切った仕様となっている。




どっかん風防に絞りのアップハンを装着しているCBRは、いそうでなかなかいない。風防の黄ばみ具合もなかなか。ふちどりのパイピングとヘッドライトを固定するビニールテープの色を併せているところも心憎い。

そして極めつけは「じゃんけんミラー」。このルックスのバイクが族車でなくてなんなのだろうか。




シートは45センチ延長したチンチラ張りの三段シート。まさに族車でしか見ない仕様で、より一層のワルさを醸し出している。

そして外装な白地に赤の三本巻き。これってザリの純正パターン? と思わせる遊び心も忘れない。

さらに言うと、この2色は日本の国旗・日の丸の色でもある。シートに差した富士日章のコルク半とも相性はバッチリだ。




▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【映え】360度スキなく仕上げた神奈川仕様のGS400|曲線のみで仕上げたファイヤーが自慢

【Kawasaki】ザ・旧車會仕様のゼファー400!コールも意識した抜かりない改造バイク

【黄金世代】これが平成のCBX400Fだ!全身ネオンカラー×反射で“完成度”も“感性度”もハンパない!!

【GS400L】これぞ究極のシンプル仕様!バランスの良さが神がかっているスペシャルなバイク

【前代未聞】動物の”アノ柄”を採用したバブ(HAWK2)に遭遇!細かいパーツのこだわりも見逃せない


▼CBR400Fの動画をチェック!




執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP