バイク一覧 HONDA HAWK 単車&暴走族関連記事

【前代未聞】動物の"アノ柄"を採用したバブ(HAWK2)に遭遇!細かいパーツのこだわりも見逃せない

2020年8月4日

トラや豹、キリンやシマウマなど動物の柄をパターンに使うことは少なからずある。が、このパターンを全体に用いたバブはやはりすごいのだが……
[adrotate banner="5"]

外装のパターンは、誰もが一番頭を悩ませるところ。純正パターンを活かすのか? それともオリジナルのパターンを考え出すのか? それが問題だ。

やはり目立ちたがり屋が多い世界で目立ちたいわけだから、アイディアが勝負。ペイントの塗料にこだわる場合もあるし、デザインに凝ることもある。




そんななか、トラや豹、キリンやシマウマなど動物の柄をパターンに用いることは少なからずある。

野性味あふれる動物の柄をバイクの柄に使うのだから、目立たないハズがない。

そこで、このホルスタイン柄だ。ファッションアイテムにもよく用いられる柄で、馴染みもある。それがバイク全体を包むと、これだけのインパクトをもたらすのだ。




ただし、よく見るとラメが噴いてあり、単調な見かけにならない工夫がみられている。

そしてこのバイクがスゴいのが、外装だけのバイクではないところだ。




三段シートが1メーター20センチのバケサンなのはパッと見にも分かるが、ほかにもポイントがいくつもある。

ホイールはバブの代名詞でもあるコムスターではなく、キャストホイールだ。




テールもオーソドックスなタイプではなく、ゼッツーテールに。ウインカーをサンパチのウインカーに換装している点も見逃せない。

細かな点にもしっかり気を配っているからこそ、見た目のインパクトがしっくりくるのだろう。




▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【ブチアゲ】竹やり&エビテール!お祭り仕様のXJ(ペケジェイ)が色々スゴかった!

【初登場】1.2メートルの三段シート!?昭和の有名車仕様のCBX400Fがヤバかった!

【CBR400F】スピード感を表現しつつ旧車會仕様に!この改造テクニックは凄い!

【目立ち度100点】ド派手で金ピカなCBX400Fの魅力に迫る!まさに豪華絢爛な1台だ!!

【兄弟車】旧車會人気の高いバイクで個性と同調を両立させるテクニックとは?

執筆者:i-Q JAPAN編集部

-バイク一覧, HONDA HAWK, 単車&暴走族関連記事
-, , , , , ,

© 2021 i-Q JAPAN