【注目】トンガリ三段ブーム到来?昭和なバブ(HAWK2)の圧倒的存在感

2020/08/27

COLUMN

単車&暴走族関連記事

一度は絶滅しかけた三段シートのスタイル、トンガリ三段の人気が、ジワジワと広がってきている。その存在感の強さは、当時を知らない若き旧車乗りをも魅了しつつあるようだ。


HondaのHAWKシリーズ、通称”バブ”といえば暴走族御用達のバイク。どんなアレンジも可能で、その排気音でも高い評価を受ける稀有な存在。ただ、暴走族や旧車會以外では、特にTバブは決してカッコいいバイクだとは思われていない。

旧車會とそれ以外で、これほど評価の分かれるバイクも少ないだろう。

ホンダの本流・CBの名を冠しているのだから、当時もそれなりに売れたバイクではあった。ただそれは誰もが楽に扱える実用性に対しての評価で、マニアを唸らせるものではなかった。

マニアからの評価は異様に高いが、コスト高で生産中止せざるを得なかったヨンフォアとは、真逆の存在だ。




こちらのバブは、まさにその証明ともいえる仕様。シルバーとピンクの日章がタンクとサイドカバーに入っているかなりのワル仕様で、カスタムすることによって、その存在感を増した。




フレームやコムスターにも塗装が施されていて、見た目にも華やかさが伝わってくる。シリンダーヘッドカバーやエンジンのサイドを赤で塗ったりと、それだけでも目を引く。

そしてなにより目を引くのは、三段シート。昭和の時代を彩った、トンガリ三段を装着してるのだ!




地域によっては“サソリ三段”という愛称があるほどポピュラーな存在だったが、昭和から平成に時代が移り変わるなかで、徐々にその数を減らしていった。

それが平成末期になって、数名のマニアの手で再び表舞台に復活。当時もその姿はかなりの話題となった。

こちらのバブのオーナーも、雑誌でトンガリ三段を付けているバイクを見てひと目惚れ。どうしても自分でも付けたくてG-STYLEに製作を依頼したのだそうだ。

実際に装着した姿はバランスが良く、存在感もあって、しっかりと自分のものにしているのがわかる。




TOP