旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

まだまだ続くぜG-STYLEの周囲に集まるイカシた単車たち!!②

2017/12/01

COLUMN

単車&暴走族関連記事

コンプリート車あり、昭和への憧憬ありで、G-STYLEの単車ピックアップ後半戦は、さらにアツいのだ!!

※画像をタップし、スライドすると詳しいパーツが見れます
GS400/G-STYLE/G-STYLE
こちらは外装のFRPパーツおよび三段シートをすべてG-STYLEのアイテムで製作した、いわばG-STYLEのコンプリート車。おなじみのGフェンダーやゼッツーテールはもちろんだが、一番の注目はブルドック風のフルカウル。分割するサイドのラインがグッと鋭角になっているほか、下方でひとつにつながっているのが大きな特徴。全体のボリュームをあげるほか、塗装面も大きくなることで、より華やかさを持った単車に仕上がるのだ。


GS400/イケメン/G-STYLE
カウルも風防も三段シートもないが、どこかワルい雰囲気を感じさせるGS。フロントはHリムのスポークホイールにダブルディスクを装着。メッキを多用し、全体にメカっぽさを感じさせる仕様だ。外装はE2ラインにゴーストフレアを組みあせるという、凝ったパターンを取り入れている。


CBX400F/ゆうP/G-STYLE
フィイヤ―パータンの形状が独特なCBX。シルバーラメのベースにキャンディーパープルを乗せ、紫と白の二重の縁取りがなされている。さらにはボカシのファイヤーまで入っているというからレベルが高い。ペイントは神奈川のキャンディーライフが担当。初期型のBEETテールを装着するなど。マニア度もソコソコ高い。 GS400/ハゲチャビン/G-STYLE
外観はあくまでも穏やかに、そしてペイントは大胆に。白地に黄色のファイヤーパターンが鮮やかなGSの登場だ。Hリムのワイドタイヤを履かせて、GSXの足を使用してスポークホイールにダブルディスクをセット。ホワイトパワーのリアショックにヨシムラの集合管と、胸に燃える炎は激しいが、その装着パーツはなかなか凝っている。


GS400/しん様/G-STYLE
全体的に色彩を抑えたGS。こうして、夜のアスファルトの上で撮影していると、周囲の色彩と同化してしまうかのようだ。側面に、大きく「G-STYLE」と入った、こちらもG-STYLEのコンプリート車。タンクにもやはりG-STYLEのロゴが入っている。ポイントはベルリンが―のキャリパー。取付にも相当苦労したそうだ。


HAWKⅡ/ユースケ/オーバーラップ エデン
11台目にして初めてのホーク系登場。シルバーとピンクの日章がタンクとサイドカバーに入っているかなりのワル仕様で、シリンダーヘッドカバーやエンジンのサイドを赤で塗ったりと、それだけでも目を引く。そしてなにより目を引くのは、三段シート。昭和の時代を彩った、トンガリ三段を装着してるのだ! これは関東の大先輩が付けているを見てひと目惚れ、どうしても付けたくてG-STYLEに製作を依頼したのだそう。憧れって大事!



TOP