バイク一覧 HONDA HAWK 単車&暴走族関連記事

【ホーク】初代ド初期のバブがシンプルに見えない理由がコレ!計算された改造手法に編集部も感激!!【CB250T】

2020年8月16日

発売当時の面影を強く残す初代Tバブが、その雰囲気を残しつつも古く見えないのはなぜか。ツボはしっかり押さえているのがその理由だが、そこにはしっかりとした計算が働いているのだった。


HondaのHAWKシリーズ通称"バブ"はどんなアレンジも可能なバイク。そのバリエーションの豊かさこそ、長年暴走族や旧車會に愛され続けている理由でもある。

バブはベース車両が分からないような加工も可能なら、シンプルにバブらしさを醸しつつ、ワルさを感じさせるバイクに仕上げることも可能だ。


そしてこちらのバブは後者。ひと目でバブと分かるベーシックなスタイルながら、全体的には族車以外の何物でもない、しっかりした“味”が感じられる。

バブのCB250Tは、ラッパラインとスポークホイールが目印。たまご型のエンジンカバーも特徴のひとつだ。

これがそのまま活かされていて、旧車にしか出せない雰囲気が感じ取れる。ラッパラインはデカールなどで復活させることもあるが、コレは完全に当時の外装。


旧車であっても古めかしく感じないのは、リーゼント風の短風防やハンドルの絞り、さらにはヨーロピアンウインカーといったパーツの具合にセンスを感じさせるからだ。

さらに特徴的なのは、塗りのマフラー。純正のスタイルを保ちながら、ここだけ塗りというワンポイント感が、このバイクの方向性を決定づけている。

イベント用と思われる竹やりマフラーも、手書きの文字がユニーク。三段シートにテープで書き入れた「昭和九十四年」が、さらにバブらしさを強調している。

▼バブについてもっと詳しく知る!

▼バブコール動画特集!

▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【GS×GSX】この2台の兄弟車がヤバい!四輪族車からのインスパイアを感じる最強コンビ

【前代未聞】動物の"アノ柄"を採用したバブ(HAWK2)に遭遇!細かいパーツのこだわりも見逃せない

【5台紹介】旧車會仕様×レースマシンの外装!お洒落なカスタムバイクをピックアップ!

【探求】ワルいGS400の仕上げ方とは?ベーシックでも“らしさ”を活かす改造テクニックを見よ

【目立ち度100点】ド派手で金ピカなCBX400Fの魅力に迫る!まさに豪華絢爛な1台だ!!

執筆者:i-Q JAPAN編集部

-バイク一覧, HONDA HAWK, 単車&暴走族関連記事
-, , , , , ,

© 2021 i-Q JAPAN