単車&暴走族関連記事

【希少車】昭和族車の香りが漂うGX400!あえて純正色を強めつつ個性を出したセンス良い一台【ジーペケ】

ヤマハのバイクといえばXJやRZ、現行車のXJRなどが有名だが、RZ以前にも族車仕様のベースになったバイクがあった。今回は、70年代のヤマハを支えたジーペケを紹介したい!


ヤマハの伝統的なデザインを取り入れたこちらのバイクは、なかなかレア度の高い「GX400」、通称ジーペケ。RZが登場する前のヤマハを支えた名車だが、旧車會ではかなり希少な存在。

また、GSシリーズの専売特許ともいえる“吸い込み”系のエンジンを搭載していることでも知られた存在だ。


外装のベースはGX純正。ストロボラインと呼ばれるヤマハ伝統のデザインで、昭和の暴走族経験者が見れば、ひと目で「ヤマハのバイクだな」とわかる。


フルカウルにも、このストロボラインを用いたデザインを採用。決して派手ではないが、“らしさ”は存分に感じさせる。デメキン仕様のライトにも、昭和の香りが漂う。

そして、このジーペケの一番の特徴は、110センチ延長の三段シート。やはりこのサイズの三段シートは否応なしに目立つ。

オーナー氏はステッカーマニアのようで、三段シートのいたるところに友好チームのステッカーがびっしり貼られている点も特徴的だ。

▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【黄金世代】これが平成のCBX400Fだ!全身ネオンカラー×反射で“完成度”も“感性度”もハンパない!!

【ホーク】初代ド初期のバブがシンプルに見えない理由がコレ!計算された改造手法に編集部も感激!!【CB250T】

【驚愕】あのGT380(サンパチ)をブチアゲてみたら想像の10倍カッコよかった件について

【推奨】旧車マニア御用達!ドヤ顔で自慢できるタイヤがコチラです・・・【TT100】

【CBR400F】スピード感を表現しつつ旧車會仕様に!この改造テクニックは凄い!

執筆者:i-Q JAPAN編集部

-単車&暴走族関連記事
-, , , , , ,

© 2022 i-Q JAPAN