【このバイクは一体?】GSXの希少車種にほどこした改造が不思議なくらいマッチしている件

2020/09/12

COLUMN

単車&暴走族関連記事

意外と多い、GSXシリーズのバイクのなかでも、特に希少性の高いバイクを丹念にカスタムして仕上げたバイクがカッコよすぎた!


GSXは、意外と種類が多い。現在でもその名前が残っているくらいだから累計で言えばかなりの数になるのだが、80年代に発売されたバイクだけでも、かなりの数がある。

メジャーなところでは、定番のザリカタナに加えて4発のGSX400F、さらにはインパルスなどが有名。これに前期のザリにはL、通称アメザリもある。




そして今回登場の、GSともザリゴキとも違う佇まいのバイクが通称“トラザリ”、「SUZUKI・GSX400T」だ(Tはトラディショナルの頭文字)。

当時はそれほど販売台数も多くなく、知る人ぞ知る存在。だが、それだけ希少性は高く、バイク自体の個性が強いことにもつながっている。




サイクロン管にセブンスターホイール、フロントダブルディスク、マルゾッキサス、コカ・コーラの蓄光塗装と、滅多にお目にかかれないストレンジなお宝車両を、ものの見事に族車仕様で仕上げてみせた。




Coca-Colaの文字部分は築港塗装になっていて、夜になると妖しく光りだす。フロントフェンダーもタンクと同様の文字と築港塗装が施されている。




トラザリ、というくらいでエンジンはザリと一緒。ラメのなかにうっすらグリーンのラインが入って“トラ柄”に見えるのは気のせい?

完成度の高さに、オーナーの思い入れが伝わってくる。




TOP