バイク一覧 HONDA HAWK 単車&暴走族関連記事

【史上初!?】超オシャレ!“メルバをはいたバブ”がワンランク上の装い

2021年4月1日

ヨーロッパの児童文学に『長靴をはいた猫』という有名な民話があるが、こちらは『長靴をはいた猫』ならぬ『メルバをはいたバブ』。“バブ+キャストホイール”はまったく無いわけではないが、メルバとの組み合わせはあまり見ないおしゃれな組み合わせだ。


バブは基本的にキャストホイールへの履き替えが少ないバイク。

というのも、バブはコムスター・ホイールという、当時のホンダが生き残りをかけて市場に投入した独自のホイールが、ほぼ装着されている。

ホークの跡目を継いだCBX400Fに“ブーメラン・コムスター”という形で名前だけは残っているが、機能やデザインはほぼ一新された。一時代を築いた「歴史の証人」的な存在だが、これがバブの無骨さによく似合うと、大多数のバブ乗りはホイールを換えずに走っている。

そんななか、足回りを大胆に換装したのが、こちらのバブだ。

なんと海外ブランド、メルバ製のキャストホイールを装着! 旧車會イベントでもメルバの装着車両を見ることはあるのでたいそう珍しい、ということはないが、ことバブに限ってはメルバキャストの装着車両を見かけることが、ほぼない。

おしゃれは足もとからとも言われるが、バブにはベストだと思っていたコムスターを履き替えてみると、またバブの新たな一面が顔を出すように思えてならない。


タンクは250Tの純正ラッパライン。HONDAのマークもペイントではなくエンブレムが装着されている。シートは三段でも純正でもなく、15センチほどのサムズアップ。背面の丸みがバブにはよく合っている。

バブは三段シートが付いてはじめてバブという名言もこの世にはあるようだが、こんな趣味性の高い仕様にしてみるのも面白そう。本当に、バブには色々な顔がある。

執筆者:i-Q JAPAN編集部

▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【CB250N】この色そしてこのポーズ!モデルは昔懐かしの“アイツ”じゃないか?【バブ】

【今さら人に聞けない旧車會】GSやGSXでよく見る“ダブルアンチ”って結局なんなの?

【CBX】純正ライクなラインが意外と高等テクニックを使って仕上げられている件

【RZ】再評価の機運高まる2ストの雄!完全旧車會仕様がグッとシブい!!

【カワサキらしさ】ゼファーだから許される⁉伝説バイクの香り漂う改造がヤバい

▼HAWK関連の動画をチェック!

-バイク一覧, HONDA HAWK, 単車&暴走族関連記事
-, , , , , , , , ,

© 2021 i-Q JAPAN