旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【第18弾】静岡&山梨のCBXをネットで徹底調査!音職人の御ひざ元にはどんな単車が揃うのか!?

2018/03/28

COLUMN

単車&暴走族関連記事

CBX熱の高い地域でもある静岡・山梨! 質実剛健、実用本位の単車が揃う地域だから注目度は高い!! そして明日(29日)は【群馬・栃木】編をお届けします!
《静岡》
どこかで見たことあるCBXだ! って思ったら。i-Q JAPANの『佐藤理人のTGC』コーナーで登場いただいてる「りのチャン」じゃないか。すごい観光地っぽいけど、どこだろう?







さすがは音職人、見慣れない4発があると、ついついアクセルの具合を確かめたくなってしまうのでしょうか? 知り合いの単車だから、遠慮なくイジリます!







妙に生々しいのは、プリクラのせいでしょうか(笑)? Twitterをチェックしてみたらまだ仲良くしているようで、嬉しいやら悔しいやら(笑)。単車は彼女の……ものではないよね?ツイッターで半自動的に300万稼ぐ方法 フォローマティックXY








直射日光に当たってタンクがビカビカに光っていますが、近くで見るとラメの粒が大きくて、もっと乱反射した感じになります!!ステージにはK-STYLEの文字!







そういえば、『甦れ!CBXミーティング』の会場も静岡県の浜名湖でした! キタコのデュアルはライトは奥目でクリアパネル付き! アンダーカウルも装着したレーシーなカフェ!







雨で中止となった、2016年の『甦れ!CBXミーティング』の会場内で撮影したショット。ズラッと並んだCBXが、どれもこれもレアパーツ装着車という奇跡の画像なのだ。







静岡の方なら「あーはいはい!」となる、ショップ「K-STYLE」の入り口付近の画像。レフ版を使って撮影なんて、本格的な撮影じゃないですか!







色使いが鮮やかな、2本巻き基調のCBX。外装に合わせてフレームやカバーをパープルに、ホイール周りは白に、スイングアームやボトムケースはイエローに。塗り塗りだけど収まりのいい仕様だ。






▼他県のシリーズを見る
第17弾【新潟&長野×CBX編】
第16弾【福井&石川&富山×CBX編】
第15弾【愛知&岐阜×CBX編】
第14弾【大阪×CBX編】
第13弾【京都×CBX編】
第12弾【滋賀&三重×CBX編】
第11弾【和歌山&奈良×CBX編】
第10弾【兵庫×CBX編】
第9弾【香川&徳島×CBX編】
第8弾【愛媛&高知×CBX編】
第7弾【岡山×CBX編】
第6弾【山口&広島×CBX編】
第5弾【福岡×CBX編】
第4弾【大分&佐賀×CBX編】
第3弾【熊本&長崎×CBX編】
第2弾【鹿児島&宮崎×CBX編】
第1弾【沖縄×CBX編】


※次のページへ続く!!

TOP