バイク一覧 SUZUKI GSX&GT 単車&暴走族関連記事

【GT380】装着パーツを楽しんでいるのがわかるサンパチが面白い

2021年5月2日

サンパチ乗りの楽しみ方はひとつじゃない! 希少な当時物やレアなパーツを取り付けて走るのも、サンパチ乗りにとっては楽しみのひとつだろう。

旧車會系・絶版車系のなかでも、こだわりが強いオーナーが多いバイクといえばGT380、通称サンパチだろう。

免許を取って一台目に乗るバイクではないから、ある程度のバイク経験があって、少々手ごわい2スト3気筒というエンジンを愛せるバイク愛が無いと手を出そうとすら思わないのではないか。

ただ、ひとたび跨ると、2スト特有の甲高いエキゾースト・サウンド加速感、そしてオイルの香りなどなど、五感からフルにバイクを感じることができる車種でもある。


そしてサンパチには、“パーツ選び”という、マニア心をくすぐる楽しみ方もある。サンパチはドラムブレーキの通称“B0”を加えると、8代続いた息の長いバイク。それゆえシリーズごとにちょっとした違いがあり、「この代のこのパーツはカッコいいんだよなぁ」といったチョイスをされることがある。

さらにはメーカーオプションや社外パーツも数多く存在する。今となっては手に入らないパーツも多く、そういうパーツに限ってオークションなどにもなかなか出品されないので、欲しいアイテムを手に入れるのは至難の業。

これを手に入れた際の喜び、というのもサンパチオーナーのだいご味のようだ。


こちらのサンパチも、一見するとライトカスタムにも見えるが、随所にこだわりのパーツが散見される。

フロントフェンダーはビス留めブレースのB3用をセレクト。このビス留めというのがマニア心をくすぐるらしく、際立って人気があるタイプだ。


ウィンカーには前後ともウィンカーガードを装着。実用性の面では「?」マークも付くが、こうした小さな差異が大切なのだ。


ポイントカバーには鋳物のコブシのレリーフ。

これは「サンパチの神様」とも言われるショップガレージ拳のアイテムで、神のご加護をというワケでもないだろうが、サンパチ乗りには人気の逸品だ。
そしてマフラーはスガヤのロング。このコンディションはあまりお見かけしないものだ。

さらにはヘルメットも当時の族ヘル風にカスタムされていて、トータルのバランスに優れた一台だといえるだろう。

▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【CBX】なんだこの塗装は!?エアブラシではない独自ペイントがマジで凄い

【GS400】九州らしさを巧みに取り入れた前衛的なGSがスゴかった!【爆発カラー】

【不良】100%族車方向へと振り切ったCBR!紅白カラーでワルさ全開

【サンパチ】レアパーツてんこ盛りのサンパチが汚くてカッコいい!

【Kawasaki】ザ・旧車會仕様のゼファー400!コールも意識した抜かりない改造バイク

▼GT380の関連動画をチェック!

執筆者:i-Q JAPAN編集部

-バイク一覧, SUZUKI GSX&GT, 単車&暴走族関連記事

© 2021 i-Q JAPAN