旬ネタ&速報

【意外⁉】今中古バイクパーツで価格急上昇中のパーツがまさかの“アレ”だった!

バイクの中古パーツ価格は需要と供給で決まるから、人気のパーツはどんどん高騰するし、人気がないパーツは全く値段がつかなかったりするものだ。ところが、誰もが知る“あのパーツ”が近年、価格が急騰しているという。

いま、一番単価が高いパーツといえば、CBXのエンジンだろうか。フレームだけでも40~50万円が相場だというし、エンジンだけで100万円くらいは普通にかかるそうだ。

ほかで取引額が高いパーツといえば、キャストホイールも安定して高値が続いている。人気の高いセブンスターのキャストホイールなどは、当時ものになると100万円OVERで出品されることもあるのだとか。

さすがに100万円単位での取引はないが、最近中古パーツ市場で価格がググッと上昇傾向にあるのが、コレ。


CBXインテグラカウル!

このインテグラカウルがあればこそ、のちのレーサーレプリカブームが始まったといっても過言ではない。

というのも、このインテグラカウルが登場する時期までは、カウルもセパハンも法律で装着が禁じられていた。

とはいえ、セパハンもカウルもユーザーからの人気は高い。そこでホンダは一計を案じ、VFとVTにはビキニカウルを装着して目を逸らし、標準装備ではなくバリエーションのひとつとして、インテグラモデルを用意。

省庁からは激しい追及も入ったようだが、これをかわすための手段もホンダはすでにとっていた。

それが独自の名称設定

だからこのパーツ、正確にはカウルではなく“フェアリング”。微妙な名称を付け、なんとか法の目をかいくぐろうと苦心した結果だったワケで、それゆえ本当にレースで使用することはまずなく、かといってファッション性に優れたパーツかといえば、そうでもないのが実情だ。

それゆえ、旧車會界隈ではカワサキのGPz400のカウルと並んで「着いていたら外して捨てる」パーツの最右翼だったと聞く。


そんなパーツが何故、今また再評価されているのかというと、ちゃんと理由があるようだ。

ひとつは、コロナ禍で一般的なバイク熱、もっといえばCBX熱がどんどん過熱していること。

そしてもうひとつが、YouTubeの影響だという。

バイク系のYouTuberがインテグラに乗っている動画をアップし始めたことで、インテグラに対しての興味がアップしているのだそうだ。

半年ほど前の相場が2万から5万円

それが今ではオークションでも5万円じゃ落札できないのだ。


インテグラカウルが納屋に眠っているあなた!

それ、大事な資産だからね!

今までは邪魔者だったかもしれないけど、もう違うから!

今売るか、ちょっと様子を見るか?

いずれにしても、大事にしてください!!

▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【凱旋帰国】逆車をそのまま旧車會仕様に改造した450Nがスゴい!

【GT380】三段シートの高さに惑わされてはいけない!通なサンパチがシブすぎた!

【XJR400】現役感たっぷり!夜の街道もお似合いの男前バイク【現行車】

【日章】正月にピッタリ!?昇る朝日を感じさせるCBX400Fがめでたい!!【旭日】

【GS400E】上品でシックなゴールドをまとったGSが隠し持った秘密が衝撃過ぎた

▼CBR400F関連の動画をチェック!

執筆者:i-Q JAPAN編集部

-旬ネタ&速報
-, , , , , ,

© 2021 i-Q JAPAN