旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【旧極】CBXピックアップの第5弾!! 今回も目立ち度満点の単車が勢揃いしたぞ!!【Episode.5】

2018/11/14

COLUMN

単車&暴走族関連記事

旧極,旧車會,暴走族,ヤンキー,岡山,中山サーキット,コール,ドレスアップ,ウイリー,ホンダ,CBX
第5弾のCBXフィーチャーも、まだまだパワーアップしてお届け!! ザ・現役仕様からカフェスタイルまで、個性豊かなCBXをお届けします!‼

ラメ地にピンクと紫をプレスラインを基準に塗り分けている、趣向を凝らした外装が目を引く。黒いホイールということはⅡ型? 




いわゆるミッドナイトパープルに赤のⅡ型純正ラインが目を引く。エンジンのカバー類にも赤を使って華やかに。ホイールリメイクしたブーメランのパープルは、若干色合いを変えているのがポイント。




外装全体をキャンバスに見立てて、”五爪の青龍”を大胆にペイント。どちらの作品かは不明も、ペインターさんも納得する会心の作では? ホイールはメッキ、ネジは金メッキと、とにかくゴージャス!!




全体的にオレンジが主張する、色使いが絶妙。ファイヤーと、エンジンのカバーと、ブーメランコムスターで少しずつ色分けされているのもまた、心憎い。




一瞬、「こんな純正色あったっけ?」と考えてしまいそうな、見事な色使いの外装。こういうやり方もあるのか、と気付かされます。




銀ラメにキャンディーグリーン&キャンディーイエローで立体的なファイヤーパターンを描いたアッパーと、キロを基調に色味を抑えたボトムのコントラストが大人の派手さを感じさせます。




かなり肉厚でボリューミーな三本巻きに、ミントブルーで縁取りをつける、ひと目に付きやすい色使い。これに金色の三段シートが加わることで、目立ち度はさらに強化されました。




白地にピンクのグラデーションという、なんとも儚(はかな)げな、女子っぽいカラーリング。ここまで儚げだと、それはそれで目立つんですね。




白と赤を大胆に使ったカラーリングに、ゴールドの三段シート。これは日本人なら誰でも潜在的に持っている、晴れの日の色使いだ。否が応でも意識を持っていかれてしまうのは、仕方のないことなのだ!




悪カフェ仕様も増えている昨今だが、イベントでカフェ仕様を見る機会は意外と少ないかもしれない。BEETのハーフカウルにO&Tのバックステップ、セパハンというレーサー指向の強さが伺える。リメイクしたホイールのゴールドもポイント。










まだまだあるぞ!
次回の【旧極】ルポもお楽しみに!


▼『旧極 Episode.5』バックナンバーはコチラ!
【旧極】”進化を止めない旧車會イベント”は今年も動員数をアップで大盛況【Episode.5】

【旧極】全国&海外からも旧車乗りが参戦!当日の模様をがっつりお届け!!【Episode.5】

【旧極】マジでヤバい!!今年のコール大会は新たな歴史の扉を開いたかも……【Episode.5】

【旧極】今年もハイレベルな単車が揃う!!ドレコン特集part1【Episode.5】

【旧極】名車誕生の瞬間に立ち会う喜び!!ドレコン特集part2【Episode.5】

【旧極】こちらでもやります!!イェイな笑顔の単車乗り特集part1【Episode.5】

【旧極】励みになります!!イェイな笑顔の単車乗り特集part2【Episode.5】

【旧極】コンテストは無くたって!華麗なウイリー&More【Episode.5】

【旧極】単車は走ってこそ!? 中山サーキットを彩った名車たち。初回はCBXだ!!【Episode.5】

【旧極】サーキットイベントなら主役は単車!! コースを彩ったCBX、それもニケツの車両をピックアップ!!【Episode.5】

【旧極】やり込み派もシンプル派も!!どちらも元気なCBXをピックアップの第3弾!!【Episode.5】




▼ツイッターで半自動的に300万稼ぐ方法




執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP