バイク一覧 KAWASAKI Z(FX/GP/FT) 単車&暴走族関連記事

【Z250FT】昭和の暴走族をイメージした風防とアップハンがシブいカワサキの“吸い込み”

2021年5月18日

“漢のカワサキ”が作るクォーターは、排気量こそ250㏄でも様々な漢気が詰まっている! そんなカワサキの250㏄バイク、Z250FTの改造には昭和のテイストがよく似合うのだった!

カワサキの旧車バイクは、のちに再評価の機運が高まって価格が高騰することが度々ある。それは“逆張り”にも近い「無いものを作る」技術開発と、信念に裏打ちされた独自性が見て取れるからだろう。

Z1&2、マッハ、FX、ゼファー……。その時に「無いもの」を作って自身で市場を開拓し、実績を上げてきた。カワサキには“漢の”という定冠詞が付くことがあるが、それもこうしたフロンティアスピリットによるところも大きいだろう。


このZ250FTも、カワサキ好きには人気のバイク。ルックスはFXの流れを汲んだ“角Z”ながら、専用設計のエンジン、そしてそのエンジンサイズに合った専用フレーム、前後ディスクブレーキなど、当時としてはかなりトンガッた仕様となってある。

同じクォーターのKH250が排ガス規制の影響で製造中止に向かうなか、排ガス規制に影響がない4ストでKHの後継としての期待を背負っていたのが分かる。そう考えると、FTはもっと評価していいバイクだ。


こちらのZ250FTは、昭和の暴走族をイメージしたかのようなスタイルが特徴的。若干前傾になった風防は表面が黄ばんでいる当時感の強いもの。ヘッドライトとこの風防のヤレ感がバイクの雰囲気にも合っている。

アップハンは立ちあがりでかなり絞り込んであるタイプで、ハンドルグリップも旧車らしさがある。メッキのゼッツーミラーもピタッときまっている。


シートはタックロールのサムズアップ。黒のボディに黒のシートはスパルタンな印象が強い。集合のクロス管も黒で統一。意外とアフターパーツが多いのもFTの特徴だ。

▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【アレンジバブ】HAWKはどこまで弄れるのか? 天然物のバブは旧車會にも存在するのか?

【GS425L】当時の純正を色濃く残した“エル”の抜かりない改造が必見!

【XJR400】ド派手な3色でもこうやったら上手くMIXさせられる!

【RZ350】一世を風靡した“峠の雄”が純度100%の族車として登場‼

【CBRらしさ】スタイルの特性を考慮するとCBR400Fに輝きが増す件

▼旧車関連動画をチェック!

執筆者:i-Q JAPAN編集長

-バイク一覧, KAWASAKI Z(FX/GP/FT), 単車&暴走族関連記事

© 2021 i-Q JAPAN