【CBX400F】遠目からでも分かるレベルの高さ!キャンディ外装の工夫がスゴい!

2021/06/02

COLUMN

単車&暴走族関連記事

一見してレベルが高いことがわかる。このCBX400Fはそんなバイクだ。

夜撮のストロボに反応して車体がギラギラしているが、これはレインボーラメのベースにキャンディーカラーで塗装しているため。ラメが発光に反応して細かく光っているからだ。




外装はキャンディライフが制作。タンク、イノウエのフルカウルともにライン残しの三本巻きで、内側にうっすらボカシを加えることでラインに立体感を持たせている。

面白いのは、ラインの区分とは無関係にキャンディーパープルとキャンディーレッドを使ったグラデーションが施されている点。普通はラインごとに区分を加えたくなるものだが、そうした衝動に見事打ち勝ちライン仕様とグラデーションの両立を果たしている。




外装のアイディアとして面白い部分はほかにもある。サイドのアルフィンカバーも、あえてのキャンディーライフ製を使って、等間隔のフィンだけ敢えて色を乗せずに、タンクから伸びたラインをシートカウルにつなげる役割を果たしているのだ。

チェーンケースや拡声器にもラインとグラデーションを加えて、統一感のある仕上がりに。旧車會の黎明期を知る老舗ショップのデザインには、技術と意味が隠されている。




BEETのブラックテールレンズやヨシムラのスターターカバー、O&Tのバックステップなど、各部のパーツにも思い入れが感じられる。

今後はカフェスタイルにしたい、というが、もうこの姿は見ることができないのだろうか? それも少し寂しい気がする。



▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【GS400】GSカスタムで周りと差をつけるのはこんな部分だった!【吸い込み】

【CB250T】極めたバブは”ケツ”で語る?!見返り美人なホークがワルくて美しい

【RZ350】一世を風靡した“峠の雄”が純度100%の族車として登場‼

【CBX400F】注目ポイント多数! 個性が詰まったCBXは随所に見どころアリ

【ゼファー】禁断の挑発行為発覚!?令和で一番気合が入ったブチアゲを発見!




▼CBX400F関連の動画をチェック!





執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP