【GS400】キャストホイールの見せ方にひと工夫!BEET多用のGSに見どころ多し!

2021/06/06

COLUMN

単車&暴走族関連記事

コンプリート車両でバランスも素晴らしいのだが、装着品のひとつひとつが凝った仕上げになっているのも特徴的なGSはホイールの見せ方ひとつにもこだわっていた!
ファイヤーパターンは、もとを正せばアメリカンなカスタムカーやカスタムバイクに用いられてきたもの。さらにいえば、アップハンや“背もたれ付きの”シートもアメリカンから着想を得たもの。誤解を恐れずに言えば、GSにファイヤーパターンが似合うのも、GSにはアメリカンの要素が少なからず盛り込まれているため、という言い方もできるのではないだろうか?

実際、GSにはLが、後継のGSXにもLやTといったアメリカン寄りのバイクもラインナップされている。





実写を見れば、そのイメージはさらに膨らむだろう。プレスラインが一切なく丸みを帯びたフォルムは、ファイヤーを描くうえでは強い味方になってくれるポイント。力強い曲線がダイレクトに伝わってくる。





そしてこちらのGSは黒地にキャンディーレッドの、識別がされやすいカラーを使ったファイヤーパターンのバイク。フルカウル、タンク、テールカウルとつながっていく炎が印象的だ。ラメの下地にキャンディー塗装なので、想像以上にギラつく。

ハンドルはレッドステージ・ワイルドボアspのウイリーハンをハンドルクランプでセットバックして操作性の高いポジションをキープ。色使いにも統一性を感じさせる。





ホイールは前後ともBEETのキャストホイール。フロントはホイールを隠さないよう、あえてシングルディスクにしている。リアのスイングアームとトルクロッドはウエダレーシング製。トルクロッドは、行きつけのショップ、レッドステージ・ワイルドボアspのロゴを刻印している。






マフラーは銘品イノカンサイクロンのハス切り。トータルコーディネイトされているので、全体のバランスはバッチリ。ウインカーも前はカウルに合わせたローレルウインカー、リアはサンパチ用を用いて個性を演出している。

▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【戦闘機仕様】溢れる特攻魂!思いの丈を詰め込んだGSが実はスゴかった!

【VT250Z】ホンダ魂!CBXとCBRの要素を取り入れた純正ライクな1台

【ほぼⅢR】遊び心で仕上げたホーク3がひとクラス上の魅力を持っている!

【族車】少年の心と大人の余裕を持ち合わせたワルい仕様のCBXがカッコいい!

【GT380】THE・漢のバイク!国粋主義を印象付ける漆黒のサンパチ【廣島連合】




▼GS400の関連動画をチェック!





執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP