【GT380】THE・漢のバイク!国粋主義を印象付ける漆黒のサンパチ【廣島連合】

2020/09/07

COLUMN

単車&暴走族関連記事

質実剛健、これぞ漢のバイク!といいたくなる、迫力に満ちた仕様のサンパチ。チャンバーもスゴイが、全くもってそれだけじゃない! 


暴走族の歴史からみて、暴走族/旧車會のメンバーで国粋主義的な主張をバイクに掲げることは、特段珍しいことではない。

強いメッセージ性があるので、どのバイクもシンプルながら目を引く。そんな特徴がある。

この「SUZUKI・GT380」も、ソリッドな黒い車体に白文字、そして赤い日の丸が目を引く、国粋主義を感じさせる仕様だ。




フロントのフォークブーツやサイドカバーの形状を見ても分かるように、ベースは初期型のサンパチを意識したもの。シンプルかつ大胆なコンセプトにもうまくマッチしている。




そして強いインパクトを残しているのが、ゼンシンの右3本出しのバラチャン。BEETのバクチクチャンバーはたまに見ることもあるが、このタイプの3本出しは見た目にもヤバい。




三段シートは白の墓石三段。横幅もそこそこ、かなり背もたれが立っているので、墓石感がスゴい(笑)。




TOP