【CBX400F】バイカラーのCBXはサメエラ&ケーニッヒ仕様がオシャレ!【反対側は別の色】

2021/07/13

COLUMN

単車&暴走族関連記事

左右でカラーリングを変えるバイカラーは今やメジャーなカスタム手法のひとつになりつつある。

たとえばCBXで右は「赤×白」で左は「青×白」を塗装したり、完全オリジナルで紫とピンクのグラデーションを使って左右を2色を塗り分けたりと、バイカラーの仕様についても様々なカラーリングが存在する。




こちらのCBXも左右で2色を使ったバイカラー仕様。右側がグリーンメタリック、左側がムラメタの2トーンで、これはキリンの炭酸飲料メッツ(Met’s)のカラーリング。グリーンメタリックがグレープフルーツ味、ムラメタがグレープ味だった。





最近はたまーにグレープフルーツ味を自販機に見かける程度だが、ひと昔前はコカ・コーラに対抗する炭酸飲料であって、かなり人気があった。そのメッツの缶のカラーリングを左右に配している。これは左右の配色のバランス、必然性などを考えると、かなり理にかなった配色と言える。




そしてこのCBXの、もうひとつ面白いところが『街道レーサー』を意識しているところ。バックミラーのビタローニはよくあるが、サイドカバーに特徴を持たせている。




右がケーニッヒ仕様のエアダクト、そして左側がブルーバード610の鮫エラもしくはMR-Ⅱをイメージしたダクトを作っている。さらにスクリーンには流れ星マーカー、BEETテールの裏側にはLOVE灯を仕込んで四つ輪風の改造もバイクカスタムで楽しんでいる。




三段シートは街道レーサーの改造でも使われるチンチラ張り。色は紫で、左側から見たら統一感がある、右側から見たらハッキリしたコントラストのカラーリングもポイントのひとつになっている。


▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【凱旋帰国】逆車をそのまま旧車會仕様に改造した450Nがスゴい!

【GT380】三段シートの高さに惑わされてはいけない!通なサンパチがシブすぎた!

【XJR400】現役感たっぷり!夜の街道もお似合いの男前バイク【現行車】

【日章】正月にピッタリ!?昇る朝日を感じさせるCBX400Fがめでたい!!【旭日】

【GS400E】上品でシックなゴールドをまとったGSが隠し持った秘密が衝撃過ぎた




▼「プロジェクト乱」の動画をチェック!




執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP